巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

古代ユダヤ主義および現代ユダヤ主義の形態研究

黙示録2章のニコライ派に関し一般に信じられている〈神話〉についてーー「語根にかかわる誤謬(root fallacy)」の事例

ニコライ派ーーキリスト教内における権力とコントロール(ヘブル的ルーツ運動に関与するMidrash Monthlyのサイトより)Nicolaitan | Midrash Monthly 目次 はじめに 初代教会の証言 現代の実例 結語 〔一次資料〕ニコライ派に関する古代および中世文献 〔補…

言語における規約性(conventionality)ーー「ヘブライ的思考 vs ギリシャ的思考」という教説の問題点について(by アンソニー・ティーセルトン)

トーレイフ・ボーマン著『ヘブライ人とギリシヤ人の思惟』(新教出版社)(原題:Hebrew Thought Compared with Greek) ヘブライ語の歴史ーー「抽象」と「具体」(ジェフ・A・べンナー氏の教説) Anthony Thiselton, 'Semantics and New Testament Interpre…

クリスチャン・シオニズムーーハルマゲドンへのロードマップ? (by ステファン・サイザー他)

「聖書はきわめて親イスラエルの書物である。もしクリスチャンが『私は聖書を信じている』と認めるなら、私は彼を親イスラエル支持者とすることができる。あるいは彼らの信仰を非難しなければならないことになる。」コーナーストーン教会主任牧師ジョン・ハ…

私のディスペンセーション主義にいかにして変化が生じていったのかーーデイビット・L・ホワイト師の証し

出典 目次 証し 大学および神学校時代 論理的誤謬 釈義的諸問題ーー「キリストの裁きの御座(ベーマ)」 釈義的諸問題ーー2テサロニケ2:1-12 最終決定打 〔補足1〕「大きな白い御座の裁き」と「キリストの裁きの御座(ベーマ)」の釈義について(ジ…

ヘブル的ルーツ運動の神学的「ルーツ」に関する考察(クラーレンス・B・バス)

Clarence B. Bass, Backgrounds to Dispensationalism: Its Historical Genesis and Ecclesiastical Implications:C・B・バス著『ディスペンセーション主義の背景』 目次 はじめに 各章の主題 2005 年版への序(S・R・スペンサー) 結びの言葉(C・B・バス)

彼/彼女は「ネーミング」した。ーー分派的新興運動がみずからを「聖書的回復運動」とみなしていく道すじについて

目次 はじめに 大砲の撃ち込みと「ネーミング」 「ネーミング」と硬直化 彼/彼女は「ネーミング」した。

ヘブル的ルーツ運動を検証する③ーー「マタイ25章の『愚かな娘たち』は日曜教会のことを指している。」エルシャダイ・ミニストリーズの教えについて

「置換神学の起源」---マーク・ビルツ師の教え(エルシャダイ・ミニストリーズ) 「マーク・ビルツ師の教えを聞けたことは本当に素晴らしいことでした。私たちは常に聖書は非常にユダヤ人的であり、イエスもユダヤ人であったことを覚えておく必要があります…

「アラム語優位性(Aramaic Primacy)とは何ですか?新約聖書は元々アラム語で書かれたのですか?」

ラムサ聖書 質問:「アラム語優位性とは何ですか?新約聖書は元々アラム語で書かれたのでしょうか?」

「ヘブル的ルーツ運動(HRM)」を自称しないけれどもその影響下にある個人や諸団体をどのように識別することができるのでしょうか?

「ヘブル的ルーツ運動(HRM)」にはいろいろな〈顔〉があります。またいろいろな〈出入り口〉があります。それは敬虔さや優しさの裏にひっそり横たわっている場合もあれば、攻撃的で分派主義的一匹オオカミの牙となっている場合もあります。

過度の単純化/還元主義/誤前提から生み出される解釈的弊害を避けるために③ーー「ヘブライ的思考 vs ギリシャ的思考」という教えの落とし穴(マーティン・コースラン)

「ヘブライ的イェシュア vs ギリシャ的イエス」ーーネヘミヤ・ゴードンは、「本当のイェシュアは、ギリシャ語新約聖書に描写されているような『イエス』ではなく、実際にはユダヤ教原始カライ派的人物であり、彼は、人々が(パリサイ人たちによる口伝的人間…

過度の単純化/還元主義/誤前提から生み出される解釈的弊害を避けるために②ーー神学と哲学との関係についての諸類型(ミラード・エリクソン『キリスト教神学』)

「ヘブライ的思考 vs ギリシャ的思考」(トーラー遵守を強調する「ヘブル的ルーツ運動」団体The Way Biblical Fellowshipの教え) 目次 神学と哲学との関係についての諸類型(ミラード・エリクソン) 神学と哲学の間には全く関係がないとする立場 哲学は神学…

過度の単純化/還元主義/誤前提から生み出される解釈的弊害を避けるために①ーー「ヘブライ的思考」「ギリシャ的思考」に関する考察(ミラード・エリクソン『キリスト教神学』)

「ヘブライ的思考 vs ギリシャ的思考」ーー代表的な「ヘブル的ルーツ運動」の団体119Ministriesの教えより Millard J. Erickson, Christian Theology, Part 5. Humanity, sec. 23. The Constitutional Nature of the Humanより(抄訳) 非常に重要かつ影響力…

ユダヤ人クリスチャンの視点から見た「ヘブル的ルーツ運動」(by ゲイリー・アングリアン)

キリストにある自由!(出典) Geri Ungurean , Are You Part of the Hebrew Roots Cult?, 2016(拙訳) ガラテヤ3:28,29 28ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエス…

ただ恵みによってーー「ヘブル的ルーツ運動」:ある脱会者の心の軌跡

恵みとは、、何だろう(出典) 目次 はじめに パート1 ことの始まり はじめてのメシアニック・シャバット 礼拝の美しさ、神に対する畏敬 「ヤハウェ」と「イェシュア」 シッドゥールを用いた祈り パート2 より深く入っていく 「新契約」ではない「更新され…

「ヘブル的ルーツ運動」を検証する②(by クリス・ローズブロー)

「これまで存在してきたものとは異なる種類の信仰を定義している『ヘブル的ルーツ運動』。信仰をそういった運動の定義の中に閉じ込めることにより、『普遍性』および『歴史性』というキリスト教の二大強点がはく奪されています。 この運動を推進しておられる…

「はじめから全く挫折し崩壊状態にあった教会」ーージョン・ネルソン・ダービーの教会観・終末観及びその思想的余波について(by E・H・ブロードベント他)

ジョン・ネルソン・ダービー(1800-82) 目次 ジョン・ネルソン・ダービーの教えーー崩壊状態にある教会 「おのおののディスペンセーションは最初から失敗していた。」 「崩壊状態にある教会」というダービーの教会観に対するアウグスト・ロシャーの…

「ヘブル的ルーツ運動」を検証する①(by ジョシュ・サマー)

目次 はじめに ヘブル的ルーツ運動(The Hebrew Roots Movement) プロテスタントとの対比 相違その1 相違その2 相違その3 核心問題 考えられ得る反論 結論

二つの深淵ーー「放縦主義」と「ユダヤ主義」の狭間を歩むキリスト者のけわしい道

振り子は右から左、あるいは左から右へと振り切れやすいものです。私は元来、白黒はっきりさせたいタイプの人間であるため、他の人以上に「振り切れ」の潜在的危険性を持っています。そして忍耐深く憐れみに富んだ主は、さまざまな形で私のそういった弱点を…

「○○的な聖書の読み方をしよう」と人に誘われた時、私たちはどう対応すればいいのでしょうか?

ある時、教会の役員の方が私の所に来られ、次のようにおっしゃいました。「あのね、○○的な聖書の読み方って知ってる?これ、すごいんよ。講義テープ貸したげるから一度聴いてみて。○○的読み方分かるとね、聖書が、ぐぁーってものすっごく良く分かってくるか…

ダニエルの預言と黙示録ーー帝国の興亡と七十週(by 水草修治師)

目次 「ダニエルの七十週」 序 (1)「69週」までの預言(25節。26節。) (2)メシヤ到来の年(25節) メシヤ出現の年 新約聖書の記述から見た、イエスが十字架にかけられた年月日 「古今未曽有の大日食」についての聖書外史料 一応の結論 (3)…

宗教言語にナショナリズムが結びつく時

目次 「特別な」言語 〈唐芋〉標準語 国民国家形成と「言語」 「聖なる」諸言語とナショナリズムが結びつく時

「字義的」それとも「文字通り」?――"Literal "という用語に関する本ブログの方針について(私の試験的な試みです)

目次 「字義的」それとも「文字通り」? 【参考資料1】ディスペンセーション主義は聖書を「字義的に」解釈する教えなのでしょうか。(by コリン・ピアソン) 【参考資料2】"Literal" or "Literalistic"?, How Do We Interpret Bible Prophecy? (「字義的」…

ディスペンセーション主義者を理解する ㉑ 「キリストにあるイスラエルの成就」(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学校 新約学)

旧約の約束の相続人になる(BECOMING HEIRS TO OLD TESTAMENT PROMISES) 救いからイエス・キリストの公同的合一へ(REASONING FROM SALVATION TO CORPORATE UNITY IN JESUS CHRIST) 将来的な探求のための他の領域(OTHER AREAS FOR POTENTIAL EXPLORATION…

ディスペンセーション主義者を理解する ⑯ 聖書の「字義的」解釈とは何でしょうか?【後篇】(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学大、新約学)

小見出し 字義性を定義する(DEFINING LITERALNESS) 《平べったい解釈》 「プレーンな」解釈(“PLAIN” INTERPRETATION) Jam Session:〔特にジャズの〕ジャムセッション、即興の演奏会(情報源) Vern Sheridan Poythress, Understanding Dispensationalist…

ディスペンセーション主義者を理解する ⑮ 聖書の「字義的」解釈とは何でしょうか?【前篇】(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学大、新約学)

小見出し 「字義的」解釈とは何でしょうか?(WHAT IS “LITERAL” INTERPRETATION?) 「字義的」という語の意味の持つ困難点(DIFFICULTIES WITH THE MEANING OF “LITERAL”) 言葉の意味(THE MEANING OF WORDS) Vern Sheridan Poythress, Understanding Dis…

ディスペンセーション主義者を理解する ⑭ 「1コリント15:52の終わりのラッパについて」(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学大、新約学)

小見出し 終わりのラッパ(THE LAST TRUMPET) 患難期前携挙説にとっての問題聖句としての1コリント15:51-53(1 COR 15:51-53 AS A PROBLEM TO PRETRIBULATIONALISM) ディスペンセーション主義者の標準的回答(THE STANDARD DISPENSATIONALIST ANS…

ディスペンセーション主義者を理解する ④ C・I・スコフィールドのディスペンセーション主義の特徴【前篇】(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学大 新約学)

小見出し 2.スコフィールドのディスペンセーション主義の特徴 C・I・スコフィールドの一般教説(GENERAL DOCTRINES OF C. I. SCOFIELD) ~さらなる考察のための追加資料~ ジョージ・エルドン・ラッド『終末論』(第5章 再臨についてのことば)より Vern…

ディスペンセーション主義者を理解する ③ 用語定義・聖書の歴史的形態・ジョン・N・ダービーについて(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学大 新約学)

本章の小見出し 「ディスペンセーション主義者」という用語について(THE TERM “DISPENSATIONALIST”) 聖書の歴史的形態(THE HISTORICAL FORM OF THE BIBLE) ジョン・ネルソン・ダービー(1800-82) Vern Sheridan Poythress, Understanding Dispen…

ディスペンセーション主義者を理解する ① はじめに(by ヴェルン・ポイスレス/ウェストミンスター神学大学、新約学)

著者についての小さな伝記風スケッチ(Biographical Sketch) 謝辞 目次 Vern Sheridan Poythress Vern Sheridan Poythress, Understanding Dispensationalists, Westminster Theological Seminary, PA, 1986 著者についての小さな伝記風スケッチ(Biographi…

教会の性質と目的――「教会」と「イスラエル」について(by ウェイン・グルーデム、ジョージ・ラッド他)

目次 ウェイン・グルーデム著「教会とイスラエル(The Church and Israel)」『組織神学』第44章 【追加資料】【歴史的プレミレ】ジョージ・ラッド著『終末論』(第2章 イスラエルについてはどうか。)より 【追加資料2】【歴史的プレミレ】ディスペンセ…