巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

フェミニズムのキリスト論(by ペリー・ロビンソン師)

f:id:Kinuko:20211208203850j:plain

出典

 

目次

  • はじめに
  • ディアコネス(deaconesses)と女性助祭(female deacons)
  • 「機能(function)」や「能力」に訴える議論
  • かしら性(headship)
  • 「ジェンダー」と「性別」
  • 「なぜセオトコス(聖母マリア)は男性ではあり得なかったのか」
  • 司祭職の男性限定性を「受肉」に基づいて取り扱うことはできない?!
  • 論より証拠――伝統の意義――
続きを読む

ハーバード大、史上初の無神論者チャプレン選出。(by ロバート・バロン司教)

f:id:Kinuko:20211207185910j:plain

出典

 

Robert Barron, Catholic bishop: Harvard jumped the shark with atheist ‘chaplain,’ New York Post, Aug, 2021(拙訳)

 

ハーバード大学が史上初の無神論者のチャプレンを選出したというニュースがたった今飛び込んできました。「えっ、無神論者のチャプレン?!」 そう、その通り。ヒューマニスト・ラビと自称するグレッグ・エプシュタイン氏が、アイビーリーグ宗教諸団体のチャプレン長に選ばれたのです。

続きを読む

祭司職と男性性(masculinity)(by ステファン・デ・ヤング神父)

f:id:Kinuko:20211207165014j:plain

 

Fr. Stephen De Young, Priesthood and Masculinity, The Whole Counsel, 2018(拙訳)

 

 

聖書における祭司職(priesthood)のテーマは、最初期の段階から始まっています。 創世記の最初の11章は、周囲の国々の文献や伝統を大いに参考にしていますが、そこに見られる異教的なテーマは常に変更され、場合によっては反転しています。

続きを読む

教会の「女司祭」?(by C・S・ルイス、1948年)

f:id:Kinuko:20211202171850j:plain

 

C.S. Lewis, Priestesses in the Church?(拙訳)

 

「舞踏会だってもっとちがった様式ならとてもいいと思うわ。」キャロライン・ビングリー嬢は言った。「舞踏会のふつうのやりかたは退屈でがまんができないほどよ。踊りのかわりに会話を主にするものならもっと合理的だけどね。」

 

「それはずっと合理的だろうね。」兄は答えた。「しかしそれではあまり舞踏会らしくないではないか。」

続きを読む

「引かれるべき一線」――女性叙階問題とキリスト論、そして教会の危機(by ペリー・ロビンソン師)

f:id:Kinuko:20211129204504j:plain

(25th Anniversary of the Ordination of Women to the Priesthood - Diocese of London)

 

目次

  • 女性叙階問題とキリスト論(by ペリー・ロビンソン師)
  • 「引かれるべき一線」(by ペリー・ロビンソン師)
続きを読む

「アングリカン主義に別れを告げなければならないと悟った日、私は号泣した。」――聖公会を愛した元聖公会神学者の回想記

f:id:Kinuko:20211126231053j:plain

米国聖公会(All Saints Episcopal Church Frederick Maryland)写真

 

目次

  • 生い立ち
  • ‟別の宗教”
  • モルモン教徒の学友とのディスカッション
  • どんどん「排他的」になってゆくインクルーシビティ(包括性)
  • リベラル諸運動の特性
  • 苦しく困難な選択
続きを読む

キリスト者の一致について(by C・S・ルイス)

f:id:Kinuko:20211125191813j:plain

C・S・ルイス(1898-1963)

 

「それぞれの宗派伝統の中心部にいる人々――自分たちの特定コミュニオンにもっとも熱烈なる忠誠心を示している人々――は案外、互いに最も共通点が多いのだ。問題は、猛烈にアンチ・エキュメニカルなそういった人々がそのことに気づくのが至極困難なことにある。というのも彼らはあなたがたにアナテマ宣言を出し、‟お前たちがいかに間違っており、いかに劣悪であるか”ということを言い立てるのに忙しすぎるから。それで気づく暇がない。しかしながら、ほんの一瞬でもいい、あなたが、あなたに対する彼らのわめきを止めさせることができた暁には――、彼らは文化戦争における最大にして最良の同盟者たちをそこに見出すことができるに違いない。」*1

*1:引用元. 私訳

続きを読む