巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

福音主義クリスチャンと聖母マリア(Θεοτόκος)(by ロバート・アラカキ)【前篇】

f:id:Kinuko:20200117054658p:plain

出典

 

目次

  • 福音主義クリスチャンにとっての最大のハードル
  • 聖書の中のマリア
  • マリア——全ての福音主義者にとっての母
  • 典礼の中におけるマリア
  • 全地公会議(The Ecumenical Councils)
  • マリアとイコン
続きを読む

Community—無くてはならない要素(by トリフォン修道院長)

f:id:Kinuko:20200114202619p:plain
出典

 

Abbot Tryphon, Community: The Essential Element(全訳)

 

キリスト教というのは、共同的(communal)信仰であり、それは信仰者たちに、他者との積極的関わり合いを求めてきます。

 

教会の礼拝は共同的です。そして救いそれ自体、公同的行為であり、他者との交わりを要求してきます。人は真空・孤立状態の中で救われるのではなく、教会の公同的いのちの一部として救われます。

続きを読む

懐疑に苦しむ魂への励まし(byトリフォン修道院長)

f:id:Kinuko:20200105221515p:plain

 

Abbot Tryphon, Doubt, Orthodox Christianity, 2016

 

以前、ある女性に会ったことがあります。この女性はかつて一度も自分の信仰を疑ったことがなく、教会の諸教理の内どれ一つとして一瞬たりとも疑った経験がないと主張していました。

続きを読む

表層からは計り知れない人間のこころの深み、呻きと神の憐れみ

f:id:Kinuko:20200105010345j:plain

 

ある時、敬虔な婦人が「Aさんは結局、教会に来られませんでしたね。」と言い、それに続けて、人が神を求めることの大切さを語られたことがありました。

 

神を求めることの大切さという点で私はご婦人に全く同意したものの、それが、教会に足を運ばなかったAさんのあり方となにかしら関連づけられ語られたことに少々戸惑いを覚えました。

続きを読む

告解を明日にひかえて

f:id:Kinuko:20191221214718j:plain

 

明日、生まれてはじめて告解(εξομολόγηση, Confessio)に行きます。告解というのは、神父様の前で自分の犯してきた具体的な罪や過ちを告白する行為のことをいいます。

続きを読む

列車の中の神学——マルチ信仰談義【シリーズ④ 倫理性について】(by マイケル・ロフトン)

シリーズ① 永遠の刑罰について】【シリーズ② 聖書正典について】【シリーズ③ 教導権について】からの続きです。

Image result for subway in chicago

出典

 

Michael Lofton, Theology on a Train: A Multi-Faith Dialogue, Jan, 2019(拙訳)

 

ルーテル派信者:確かに私たちは教義上の諸問題を抱えているかもしれません。ですが、至高存在を認めない無神論者であるあなたには、何が善で何が悪であるかを認識する方法がないではありませんか。

 

無神論者:いや、ありますよ。何が善であり何が悪であるのかは社会が決定する。

続きを読む