巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

われ逆流す!然り、逆行す。

f:id:Kinuko:20201212211103j:plain

出典

あらゆる保守主義は、『物事をそのまま安置しておくならば、それは手つかずの状態でそこにとどまる』という思想を基盤にしている。しかし、実際にはそうではない。ある物事をあなたがそのまま放置しておくならば、それは変化の激流の中に入れられる。真っ白いフェンス支柱をそのままに放置してみよ。それはたちまちの内に黒い支柱と化すだろう。あなたが特にそれを白色にしたいと欲しているのなら、あなたは絶えずそれをペンキで白に塗り続けなければならない。つまり、あなたは絶えず革命を起こしている状態でなければならないのである。簡潔に言おう。古い白色支柱を望んでいるのか?それなら、あなたは新しい白色支柱を取得しなければならない。真の兵士は、ーー自らが前にしているものを憎んでいるからではなくーー、彼の後ろにあるものを愛しているがゆえに闘うのである。(G・K・チェスタートン)

続きを読む

東方と西方の伝統派信者たちが共に直面している諸課題

 

www.youtube.com


東方正教会であれ、西方カトリック教会であれ、聖書および聖伝を遵守し、主イエス・キリストに忠実であろうとしている人々は、現在例外なく以下の諸問題に直面していると思います。

続きを読む

「セルフ・コミュニオン」と人間疎外

f:id:Kinuko:20201207011847j:plain

出典

 

一人の人間が画面に映っている。彼女は、各自が家で自在にできる「セルフ・コミュニオン」というもののハウツーを聴衆に教えている。


彼女は自分で司祭の祝祷をし、自分で聖餐のパンを裂き、自分で口に入れ、自分で葡萄酒を領している。彼女は「個」として充足・完結している。彼女は牧師であり司祭だ。なぜなら彼女が自らそのように規定したのだから。だからそれでいい。自律した人間は自己決定することができる。そうではないだろうか。

続きを読む

古(いにしえ)の福音と神秘的典礼――伝統的リトルジーを求める若者たち

f:id:Kinuko:20201204000430j:plain

出典

目次

  • 求道者たちは現代文化が提供できない〈なにか〉を求めている。(by ジェームズ・K・A・スミス教授)
  • カトリック教会ミサと東方正教リトルジーに行ってみた!――ミレニアル世代オースティン君の冒険記録
続きを読む

晩秋の思索

f:id:Kinuko:20201124031039j:plain

遠山谷の夕焼け(出典

  • 分断線のありかを巡って
  • 旅路における邂逅と交差
  • らせん上にゆっくり進み、成長してゆく

 

続きを読む

人間にとっての究極目的は何だろう?――『ピューリタンの祈り』と『フィロカリア』と

f:id:Kinuko:20201118185424j:plain

 

1 人生の目的
問1 人間のおもな、最高の目的は、何であるか。
答 人間のおもな、最高の目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を全く喜ぶことである。
ウェストミンスター大教理問答

 

「神、至福な本性、すべての完全性を超える完全性、すべての善と美の創造主でありながら、善と美を超える原理。その神は、永遠の昔から、その神的原理において人間の神化(Θέωση)を決定しておられ、始めからこの目的を自分の内で考えておられたが、好機到来と思われた時に人間を創造した。」『フィロカリア』*1

*1:『フィロカリア』I巻、新世社、2007年、p. 39

続きを読む