読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

主への畏れ(F・W・フェーバーの信仰詩)

     f:id:Kinuko:20170111042456p:plain

 

汝に対する私の畏れは、おお主よ、
わが血流を奔る いのちのように
感喜しています。

愛の神聖なる痛みの一つである、この畏敬。

人生のさまざまな道程の中で、
神の御目の下に、
あるいはかしこみ、あるいは慄きはばかる
甘美なこの畏敬の念のごとく、
魂を喜ばすものはありません。

 

おお 汝は大いに恐れられるべきお方であり、

溢れんばかりに祝福を注いでくださる方です。

 

畏れは愛、そして愛は畏れ。
その内外を 両者は行き巡っています。

しかし 畏敬をもたない愛よりは
畏れの内にこそ より一層の喜びがあります。

汝を畏れることの少ない人の内にはまた、
汝に対する愛もわずかなのです。

おお主よ、もし愛が汝の魅力ならば、
畏れは、汝の聖触そのものです。


F.W.Faber(1814 –1863), The fear of the Lord(私訳)