読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

巡礼者たちの魂の休息地―詩篇104篇を黙想し、歌う。

敬拝の中の詩篇:巡礼者の歌・祈り・喜び・嘆き

   f:id:Kinuko:20170101064325p:plain

詩篇104:1-2、24、31、33

1 わがたましいよ。主をほめたたえよ。わが神、主よ。あなたはまことに偉大な方。あなたは尊厳と威光を身にまとっておられます。

2  あなたは光を衣のように着、天を、幕のように広げておられます。

24 主よ。あなたのみわざはなんと多いことでしょう。あなたは、それらをみな、知恵をもって造っておられます。地はあなたの造られたもので満ちています。

31 主の栄光が、とこしえにありますように。主がそのみわざを喜ばれますように。

33 私は生きているかぎり、主に歌い、いのちのあるかぎり、私の神にほめ歌を歌いましょう。

 

みことばの祈りが歌となり、讃歌となって主にささげられる―。詩篇歌の世界は、神の民と生けるロゴスとの交わりの場であり、巡礼者たちの魂の休息地だと思います。

 

今日ご紹介する詩篇104を基にした歌は、ロシア語で歌われていますが、魂の叫び、そして霊のうねりといった、言語を超越した賛美の力が心に迫ってくるような、そんな詩篇歌だと思います。

 

 


 (日本語訳) 

わがたましいよ。主をほめたたえよ。

わが神、主よ、あなたはまことに偉大な方。

言語を絶するご栄光に輝くお方。

おお わが神。尊厳と威光を身にまといし主よ、

御名が讃えられますように。

水は、山峰の上方にとどまり、

泉が山々の間を流れています。

汝のみわざはなんと驚くべきものでしょう。

汝は、それらをみな、知恵をもって造っておられます。

おお創造主なる主よ、汝に栄光あれ!