読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ディダケー(12使徒の遺訓:Διδαχή των Δώδεκα Αποστόλων)第16章 終わりの時

ΙΣΤ'

1. Γρηγορεῖτε ὑπὲρ τῆς ζωῆς ὑμῶν·
οἱ λύχνοι ὑμῶν μὴ σβεσθήτωσαν,
καὶ αἱ ὀσφύες ὑμῶν μὴ ἐκλυέσθωσαν,
ἀλλὰ γίνεσθε ἕτοιμοι·
οὐ γὰρ οἴδατε τὴν ὥραν,
ἐν ᾗ ὁ Κύριος ἡμῶν ἔρχεται (Ματθ. 24, 42-44. Λουκ. 12,35).

あなたがたの人生の歩みによくよく注意していなさい。あなたがたの灯りが消えてしまうことのないよう、また、腰の帯を緩めることがないようにし、備えていなさい。

というのも、私たちの主が来られる時をあなたがたは知らないからである。

 


2. Πυκνῶς δὲ συναχθήσεσθε
ζητοῦντες τὰ ἀνήκοντα ταῖς ψυχαῖς ὑμῶν·
οὐ γὰρ ὠφελήσει ὑμᾶς
ὁ πᾶς χρόνος τῆς πίστεως ὑμῶν,
ἐὰν μὴ ἐν τῷ ἐσχάτῳ καιρῷ τελειωθῆτε.

ひんぱんに集まり、あなたがたの魂にとって益となることを求めなさい。なぜなら、最後の時に、完全な者として見出されない限り、これまで歩んできた、あなたがたの信仰の全道程は、あなたがたにとって益とならないからである。

 


3. Ἐν γὰρ ταῖς ἐσχάταις ἡμέραις
πληθυνθήσονται οἱ ψευδοπροφῆται καὶ οἱ φθορεῖς,
καὶ στραφήσονται τὰ πρόβατα εἰς λύκους, (Ματθ. 7,15)
καὶ ἡ ἀγάπη στραφήσεται εἰς μῖσος· (Ματθ. 24,12)

終わりの時には、偽預言者や誘惑者が増え、羊は狼となり、愛は憎しみへと様変わりしていくであろう。

 


4. αὐξανούσης γὰρ τῆς ἀνομίας μισήσουσιν ἀλλήλους καὶ διώξουσι καὶ παραδώσουσι (Ματθ. 24, 8-9),
καὶ τότε φανήσεται ὁ κοσμοπλανὴς (Ἀποκ. 12,9) ὡς υἱὸς θεοῦ (Β΄ Θεσ. 2,4),
καὶ ποιήσει σημεῖα καὶ τέρατα (Ματθ. 24,24),
καὶ ἡ γῆ παραδοθήσεται εἰς χεῖρας αὐτοῦ,
καὶ ποιήσει ἀθέμιτα, ἃ οὐδέποτε γέγονεν ἐξ αἰῶνος.

不法がはこびるので、彼らは互いに憎み合い、迫害し、裏切るようになるだろう。そしてこの世の惑わし者が、神の子を装って、現れるだろう。

この惑わし者はしるしと奇跡を行ない、地はこの惑わし者の手に引き渡されるだろう。

そして歴史が始まって以来、いまだかつてなされたことのないほどの不品行の数々を、この惑わし者は行なうだろう。

 


5. Τότε ἥξει ἡ κτίσις τῶν ἀνθρώπων
εἰς τὴν πύρωσιν τῆς δοκιμασίας,
καὶ σκανδαλισθήσονται πολλοὶ καὶ ἀπολοῦνται,
οἱ δὲ ὑπομείναντες ἐν τῇ πίστει αὐτῶν σωθήσονται (Ματθ. 24,10-13) ὑπ’ αὐτοῦ τοῦ καταθέματος.

それから人類は火のような試練の中を通らされ、その結果、多くの者は、つまずき、滅んでいくだろう。

しかし、この災禍のただ中にあって、自らの信仰にとどまり続ける者は、救われるだろう。

 


6. Καὶ τότε φανήσεται τὰ σημεῖα τῆς ἀληθείας·
πρῶτον σημεῖον ἐκπετάσεως ἐν οὐρανῷ,
εἶτα σημεῖον φωνῆς σάλπιγγος (Ματθ. 24,31),
καὶ τὸ τρίτον ἀνάστασις νεκρῶν.

その後、真理のしるしが明らかにされる。まず、しるしが天に広がり、それからラッパの音というしるし、そして三番目に死者のよみがえりが起こる。

 


7. Οὐ πάντων δέ, ἀλλ’ ὡς ἐρρέθη·
Ἥξει ὁ Κύριος καὶ πάντες οἱ ἅγιοι μετ’ Aὐτοῦ(Ζαχ. 14,5).

しかし、よみがえるのは、全ての死者ではない。「主は来られ、ご自身の全聖徒たちは主と共にいる」と書いてある通りである。

 


8. Τότε ὄψεται ὁ κόσμος τὸν Κύριον ἐρχόμενον ἐπάνω τῶν νεφελῶν τοῦ οὐρανοῦ (Ματθ. 24,30).

それからこの世は、主が天上の雲に乗って来られるのを見るのである。

 

ー完ー