巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

福音主義者と権威の危機(by ブライアン・クロス、マウント・マースィー大学)

f:id:Kinuko:20190425172432p:plain

 

Bryan Cross, Evangelicals and the Crisis of Authority, 2009(拙訳)

 

ジム・トンコヴィチが「福音主義者と権威の危機*1」と題する優れた論考を書いています。この記事は、ホモセクシュアリティーおよび学問の自由を巡って現在、カルヴィン・カレッジが通されている権威の危機に関するものです。

 

Image result for calvin college LGBT

First gay couple married in Kent County share testimony of faith, love and time at Calvin – Calvin College Chimes

*1:

続きを読む

教会的消費者優先主義(Ecclesial Consumerism)について(by ブライアン・クロス、マウント・マースィー大学)

Related image

さて、どれを選ぼうか?(出典) 

 

Bryan Cross, Ecclesial Consumerism vs. Ecclesial Unity, 2007(拙訳)

 

「だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます。そのとき、人々は自分に都合の良いことを聞こうと、好き勝手に教師たちを寄せ集め、真理から耳を背け、作り話の方にそれて行くようになります。」(2テモテ4:3-4)

 

毎週日曜日、日刊紙『セイント・ルイス・ポスト』の宗教欄には、「セイント・ルイス礼拝コミュニティー」と題された広告が掲載されます。

続きを読む

自分の解釈的『矢』の周りに教導権的『標的』を描くジレンマについて【プロテスタンティズムと解釈的権威の問題】(by ブライアン・クロス、マウント・マースィー大学)

f:id:Kinuko:20190424160818p:plain

出典

 

Bryan Cross, The alternative to painting a magisterial target around our interpretive arrow, 2007(拙訳)

 
フェデラル・ビジョンの問題を扱ったジェフリー・マイヤー氏の記事内容に触れ、私は、「自分の解釈的『矢』の周りに教導権的『標的』を描く」行為の中に内在的個人主義および不統一が存在することに言及しました。

続きを読む

「教会合同」という語のニュアンスについて

f:id:Kinuko:20190423231409p:plain

皆さんはこの写真からどのようなメッセージを受け取っていますか?(出典

 

ある忠実なプロテスタント教徒の方が、以下のような懸念を表明しておられました。

 

「N・T・ライトは、教会合同つまりエキュメニカル運動の回し者である。ローマ・カトリックとプロテスタントの垣根を取り去るために、義認の教理を捻じ曲げている。

続きを読む

正教、資本主義、そして「西洋」(by ナタニエル・ウッド、フォーダム大学)

f:id:Kinuko:20190422170230p:plain

出典

 

Nathaniel Wood, Orthodoxy, Capitalism, and "The West" (抄訳)

 

...しかし、親スラブ主義的(Slavophile)政治哲学のような事例を引き合いに、「それは、『西の資本主義』と『東の正教の間の ‟架橋できない断絶” の証拠である」と捉えることは間違っているでしょう。

続きを読む