読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

「聖書的」であることの意味について

ポストモダニズムと聖書の真理 信じること、生きること 知ることについて(epistemology) ブログ内の用語説明・定義

f:id:Kinuko:20170306002833p:plain

 

「何かが『聖書的である』という時、それは一体どういう意味なのでしょう。私たちは『聖書的』という言葉を、記述的な意味(つまり、「聖書に見いだされるもの」)というよりも、「何を神様が望んでおられるか」という規範的な意味で使うことに慣れっこになっています。しかし、聖書的なライフスタイルや考え方を主張するあらゆる言明の背後には、聖書解釈や適用に関する一連の複雑な諸前提が存在しているのです。」

レイチェル・ヘルド・エヴァンズ(引用元

続きを読む

ユダヤ・キリスト教的な時間観について――時の螺旋(らせん)構造と歴史認識

神観・人間観・世界観・歴史観

f:id:Kinuko:20170305202100p:plain

 

 時というものには、創造から終末に向かう「線分」という側面と、「円環」という側面があり、したがって聖書的な時間観というのは螺旋(らせん)的である、というとても興味深い記事を読みました。それをみなさんにも共有したいと思います。

 

以下、苫小牧福音教会 水草牧師のメモ帳より一部抜粋(ココ

 

聖書の時間論と歴史

 

 一般に古代インド、古代ギリシャ的な時間観は円環であるといわれる。それは自然宗教的な世界に共通した時の見かたである。春夏秋冬の自然の営みから敷衍して、時というものは同じことの繰り返しなのだという考え方がその根っこにあると思われる。

続きを読む

イマージング運動――昔風のリベラリズム(by ボブ・デウェイ)【後篇】

ポストモダニズムと聖書の真理 キリスト教リベラリズムの形態 福音主義教会の大惨事―この世への迎合精神について

前篇〕からの続きです。

f:id:Kinuko:20170305163821p:plain

 

本書中、もっとも神学的リベラリズムが顕著な例として挙げられるのが、サミール・セルマノヴィック(Samir Selmanovic)執筆による論文「包含性という甘美な問題――他者の中にわれわれの神を見い出す("The Sweet Problem of Inclusiveness – Finding our God in the Other")」だった。(Doug Pagitt and Tony Jones edit.,An Emergent Manifesto of Hope, Grand Rapids:Baker, 2007, pp190-199)

 

彼のこの「包含的」見解は、ローマ・カトリック教会の神学者カール・ラフナー(Karl Rahner)によって普及するようになった説であり、「匿名のキリスト教」と呼ばれ、セルマノヴィックが脚注をつけている。

続きを読む

イマージング運動――昔風のリベラリズム(by ボブ・デウェイ)【前篇】

ポストモダニズムと聖書の真理 キリスト教リベラリズムの形態 知ることについて(epistemology) 神観・人間観・世界観・歴史観

f:id:Kinuko:20170304225527p:plain

Doug Pagitt and Tony Jones, Emergent Manifesto of Hope, An (emersion: Emergent Village resources for communities of faith)

 

Bob DeWaay, Emergent Old Fashioned Liberalism

 

最近、出版されたドーグ・パジット/トニー・ジョーンズ共編『希望のイマージング・マニフェスト(An Emergent Manifesto of Hope)』の中には、イマージング「会話」運動のさまざまな指導者たちによる25篇の論文が掲載されている。

 

この運動を神学的に特定することは難しいものの、この本はイマージング・チャーチ・ムーブメントの鍵となる統一的な神学的観点が何かをかなり明確に示している。そう、それは神学的リベラリズムである。

続きを読む

神はわれわれの人知を超えた仕方で動かれる。(ウィリアム・クーパーの信仰詩)

詩・祈り・エッセー 知ることについて(epistemology)

 

神はわれわれの人知を超えた仕方で動かれ、

ご自身のみわざを成し遂げられる。

主はご自身の足跡を海の中に植え、

嵐の上を進まれる。

 

計り知れない鉱床の深淵にて、

けっして誤ることなき巧腕にて、

主はご自身の輝かしいご企図を護持され、

至上の聖意(sovereign will)を為される。

続きを読む

それでも歌鳥はうたう。(エミー・カーマイケルの信仰詩)

詩・祈り・エッセー

f:id:Kinuko:20170303203949j:plain

 

主よ、汝のしもべは、家になにも持っていません。

共用のオイル一杯でさえも。

 

なぜなら、冷酷で強硬な〈あの人〉が、

――人が「苦痛」と呼ぶ、武装した〈あの人〉が、

繰り返し、繰り返し、私のまずしい家を襲い、

荒らし回るからです。

続きを読む

教会の性質と目的――「教会」と「イスラエル」について(by ウェイン・グルーデム)

キリストと教会 ブログ内の用語説明・定義

 

f:id:Kinuko:20170303050706p:plain

 

Wayne Grudem, Systematic Theology, Chapter 44. The Church: Its Nature, Its Marks, and Its Purposes, p. 859-863 抄訳(小見出しはブログ管理人によるものです。)

 

教会とイスラエル(The Church and Israel)

 

イスラエルと教会の関係について、福音主義プロテスタントの間には異なった諸見解が存在します。そしてこの問題は、ディスペンセーション主義的な神学システムを支持する人々によって表面化されてきました。

 

ディスペンセーション主義者によって書かれたもっとも克明な組織神学であるルイス・スペリー・シェイファー(Lewis Sperry Chafer, 1871- 1952)の『組織神学*14』は、イスラエルと教会の間に多くの相違点があると指摘し、そして、旧約聖書の中における神を信じるイスラエルと、新約聖書の教会との間にさえも多くの相違点があると指摘しています(Chafer, Systematic Theology, 4:45-53)。

続きを読む