巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

アンティオケ学派の神学について(『ベイカー福音主義神学事典』他)

Image result for antioch church in 4th century

アンティオケ学派アレクサンドリア学派情報源

 

目次

  • イグナティオス
  • テオフィロス
  • サモサタのパウロ
  • ルキアノス
  • ヨハネス・クリソストムス
  • タルソの長老ディオドルス
  • テオドロス
  • キュロスのテオドレトス
  • ネストリウス
  • まとめ
  • 〔補足資料〕ジョン・メイエンドルフ著「ビザンティン神学―歴史的傾向と教理的主題」ーーカルケドン公会議以降のビザンティン神学について〔英文〕
    • Byzantine Theology after Chalcedon
    • Exegetical traditions.
    • The philosophical trends
    • The Problem of Origenism 
    • Preudo-Dionysius 

 

続きを読む

教父クリソストムスの祈りーー神の御言葉を読む前、もしくは敬聴する前に

Image result for St. John Chrysostom

ヨハネス・クリソストムス( Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος,344年または349年ー407年)

 

Prayer of Saint John Chrysostom, Before Reading or Listening to the Word of God(拙訳)

 

おお主イエス・キリスト、わが心の目を開いてください。そうすれば、私は汝のみことばを敬聴し、また汝のみこころを理解しそれを行なうことができます。この地にあって私は寄留者であり旅びとです。

続きを読む

「○○的な聖書の読み方をしよう」と人に誘われた時、私たちはどう対応すればいいのでしょうか?

Image result for bible reading

 

ある時、教会の役員の方が私の所に来られ、次のようにおっしゃいました。「あのね、○○的な聖書の読み方って知ってる?これ、すごいんよ。講義テープ貸したげるから一度聴いてみて。○○的読み方分かるとね、聖書が、ぐぁーってものすっごく良く分かってくるから。」

続きを読む

「時代の教理」ファシスト的伝統(by G・エドワード・ヴェイス他)

Related image

「彼は愚かではなかった。完全な無思想性―――これは愚かさとは決して同じではない―――、それが彼をあの時代の最大の犯罪者の一人にした素因だったのだ。このことが〈陳腐〉であり、それのみか滑稽であるとしても、またいかに努力してもアイヒマンから悪魔的な底知れなさを引き出すことは不可能だとしても、これは決してありふれたことではない。」ハンナ・アーレント「イェルサレムのアイヒマン──悪の陳腐さについての報告」より

 

目次

  • 「時代の教理」ファシスト的伝統(by G・エドワード・ヴェイス)
    • 右翼と左翼
    • 疎外
    • ロマン主義
    • ロマン主義的唯物論
  • 〔補足資料〕「世界観」が大衆を動員するーーハンナ・アーレント『全体主義の起源』(仲正昌樹氏)
    • 国民国家の瓦解と全体主義の台頭
      • 「大衆」の誕生 
    • 「世界観」政党の登場 
      • 現代にも起こり得る全体主義

 

続きを読む

小さい道

f:id:Kinuko:20180221053013p:plain

 

かしら性の門をくぐったら

思いがけず

そこにこじんまりした中庭がありました。

続きを読む

人のこだわり、そして神の恵み。

f:id:Kinuko:20180219174326p:plain

 

有名な文芸評論家である丸谷才一氏(1925-2012)の著書の一つに『文章読本』というものがあります。

 

これは丸谷氏が多彩な日本語の名文を実例に引きながら、文章の本質を深く明快に論じていくおもしろい本ですが、私が一番興味をもったのが、この書の一番終りの方にちょこっと付け加えてある「わたしの表記法について」という付録部分でした。

続きを読む

マルクス主義/フェミニズムとキリスト教世界観(by ヴェルン・ポイスレス、ウェストミンスター神学大)

Related image

1920年7月、第2回コミンテルン大会(ペトログラードにて)

 

目次

  • マルクス主義とフェミニズム
  • 贖罪プログラムに関し、彼らが提示しているもの
  • 偽造化(Counterfeiting)
  • マルクス主義者およびフェミニストの聖書批評
  • 非人格主義的世界観(Impersonalistic Worldview)
  • 〔補足資料1〕「グローバル〈性革命〉ー自由という名における自由の破壊」ガブリエラ・クビー女史へのインタビュー
  • 〔補足資料2〕ジョグジャカルタ原則

 

続きを読む

中東フェミニズムとキリスト教会

Image result for afghan burqa

ブルカを着用して外を歩くアフガン女性たち(情報源

 

目次

  • はじめに
  • ①セキュラー/イスラムの文脈
  • ②福音主義の文脈

 

続きを読む

新約聖書の中における意味変化について(by モイセス・シルヴァ、ゴードン・コーンウェル神学大)

目次

  • 意味的保守主義による変化
  • 意味刷新による変化
    • ①省略(Ellipsis)
    • ②メトニミー(換喩・転喩, metonymy)
    • ③メタファー(隠喩, metaphor)

 

続きを読む

神が比喩的に語られるとき(by ヴェルン・ポイスレス、ウェストミンスター神学大)

春陽のかがやき。さあ、神の創造された〈ことば〉の草原を元気いっぱい駈け巡ろう!

 

目次

  • 神からの贈り物としての、言語の持つあらゆる能力
  • 比喩的表現を識別する
  • 「文字通り/字義的」と「比喩的」を共に受け入れる

 

続きを読む