巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

人間にとっての究極目的は何だろう?――『ピューリタンの祈り』と『フィロカリア』と

f:id:Kinuko:20201118185424j:plain

 

1 人生の目的
問1 人間のおもな、最高の目的は、何であるか。
答 人間のおもな、最高の目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を全く喜ぶことである。
ウェストミンスター大教理問答

 

「神、至福な本性、すべての完全性を超える完全性、すべての善と美の創造主でありながら、善と美を超える原理。その神は、永遠の昔から、その神的原理において人間の神化(Θέωση)を決定しておられ、始めからこの目的を自分の内で考えておられたが、好機到来と思われた時に人間を創造した。」『フィロカリア』*1

*1:『フィロカリア』I巻、新世社、2007年、p. 39

続きを読む

女性が「司祭」であることに対する10の反論(by 元聖公会女性司祭アリス・C・リンスリー女史)

f:id:Kinuko:20201117203127j:plain

Former Female Episcopal Priest Links Women’s Ordination to LGBT Activism

 

Alice C. Linsley, Ten Objections to Women Priests, 2019. (拙訳)

 

目次

  • 女性司祭としての16年間
  • 米国聖公会を離れる
  • 1.教会は民主制ではありません。
  • 2.女性叙階は同性愛アクティヴィズムに連結しています。
  • 3.女性叙階はフェミニスト思想に根差しています。
  • 4.女性司祭はジェンダーに関する混乱を永続させています。
  • 5.女性司祭は聖書および聖伝の権威の拒絶を表しています。
  • 6.女性司祭はエウカリスチア(ユーカリスト、聖餐)に関する混乱を生じさせています。
  • 7.女性司祭は教父たちの教えに対する否認を表象しています。
  • 8.女性叙階(叙聖)は女性ミニストリ―を害しています。
  • 9.聖職者の女性化により、男性の教会参加が妨げられています。
  • 10.祭壇に立つ女性の存在により、いのちと死の間の聖書的区分がぼかされています。

 

続きを読む

翻訳のむずかしさ

f:id:Kinuko:20201116005136j:plain

 

至聖三者(しせいさんしゃ、ギリシア語: Αγία Τριάδα, ロシア語: Пресвятая Троица, 英語: Most Holy Trinity)は、キリスト教における三位一体の神を表す正教会用語であり、日本正教会で用いられる訳語。祈祷文においては単に「聖三者」「三者」と訳されるケースも少なくないが、説教・文章・日常生活においては「至聖三者」が用いられる事が殆どである。正教会においては、正教会における定義を元に作られた神学用語を「代用となる語」に置き換える事は望ましくないことであり、至聖三者を三位一体という語に限定するのは誤りであるとされる*1。ウィキペディア「至聖三者」より

*1:高橋保行『ギリシャ正教』291頁 - 292頁、講談社学術文庫、1980年。

続きを読む

CCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)に関する自見解に対する反省的考察

f:id:Kinuko:20201115225835p:plain

 

本ブログの中で私は「CCM礼拝」の持つさまざまな霊的・神学的諸問題に取り組んできました。CCM礼拝形態は、プロテスタント(福音派、聖霊派)や一部のノヴス・オルド現代カトリック教会の中に見出すことができます。

続きを読む

上にあるものを求め、天使たちと共に祈り、賛美する。

f:id:Kinuko:20201113060232j:plain

出典

さらに見ていると、御座と生き物と長老たちとのまわりに、多くの御使たちの声が上がるのを聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍もあって、大声で叫んでいた、「ほふられた小羊こそは、力と、富と、知恵と、勢いと、ほまれと、栄光と、さんびとを受けるにふさわしい」。黙示録5章11、12節

続きを読む