巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

「ヘブル的ルーツ運動」を検証する②(by クリス・ローズブロー)

Image result for torah observant christian

「これまで存在してきたものとは異なる種類の信仰を定義している『ヘブル的ルーツ運動』。信仰をそういった運動の定義の中に閉じ込めることにより、『普遍性』および『歴史性』というキリスト教の二大強点がはく奪されています。

この運動を推進しておられる方々がいかに真摯であったとしても、彼らが実質上前提・主張しているのは、「(20世紀に)彼らヘブル的ルーツ運動を実践する人が現れる以前には、キリストは教会に対する御自身の目的を完全には把握できていなかった」ということです。ですから、ユダヤの朋友の言葉を借りるなら、それはフッパー(chutzpah, חוצפה 大胆不敵)以外の何物でもないということになります。」

Labarum Apologetics, "Root of the Problem"

 

目次

 

ヘブル的ルーツ運動の教えのアウトライン(by クリス・ローズブロー)

 

 

上記の検証VTRのアウトライン

 

ーヘブル的ルーツ運動は、ユダヤ主義異端の復興です。

ーこの運動は、「クリスチャンはモーセ律法を遵守する必要がある」と主張し、自らのことを「“Torah observant”(トーラーを厳守する人)」と呼んでいます。

ー「聖なる名の運動(“The sacred name movement”)」と自称する場合もあります。

ー彼らは土曜日の安息遵守および割礼を要求しています。

ーこの運動に関わる多くの人々は、男性(ある場合には男女両方に対し)、スィットスィート(tzitzit)と呼ばれる飾りふさを着用するよう要求しています。

ークリスマスやイースターを祝うことを禁じる一方、ヘブル的祝祭(過越の祭り、仮庵の祭り)を祝うことを命じています。

ー今日、多くの教会で浅薄で中身のない説教がはびこっており、その結果、福音主義クリスチャンの間に、聖書的「非識字化」現象が生まれています。そしてそういったクリスチャンたちは、薄っぺらでない、より「深い」内容を求めています。ヘブル的ルーツ運動は、そういった「非識字化」されたクリスチャンたちの心を捕え、彼らを自らの運動内に引き込んでいます。

 

正統派ユダヤ教への「脱線」

 

ー現在の正統派ユダヤ教は、イエスが公生涯期に対決したパリサイ派ユダヤ教の神学的直系子孫です。(詳しくは「ファリサイ派」を参照ください。)

ーパリサイ派ユダヤ教の5つの「支柱」(トーラーは一つではなく二つ。ーー成文と口伝、という部分を含む。)

ーヘブル的ルーツ運動は、かつてのパリサイ人たちが行ったのと同じように、人のこしらえた数々の掟の権威の下に再びクリスチャンたちを引き落とそうとしています。

ーこの運動は、「敬虔主義」と「律法主義」という二つの形態を帯びています。こういった敬虔主義的律法主義の類から生み出される不可避的な結果として、人々は、

*自分が律法を遵守することができないことに絶望する。もしくは、

*ついには信仰から離れるか、あるいは、(律法を遵守することのできない)自分に対し神は怒っておられるに違いないという絶え間ない罪責感に苦しむ。

ーヘブル的ルーツ運動が人々に課す律法は、もっともらしく妥当なものであるかの響きがあります。なぜなら、それらの大部分は実際に旧約聖書に書かれているからです。

ー治療薬は、福音に対する適切な理解です。福音というのは、私たちを神の国に導き入れる救いの知らせであるにとどまらず、それは、私たちが信仰において成長していく手段でもあります。それは初めであるだけでなく、中間であり終着点であり、その間に存在するすべてでもあるのです。(参:ガラ3:3)

ーイスラエルの各種祭りは私たちクリスチャンに命じられてはいませんが、禁じられてもいません。こういったユダヤの祭りから私たちは多くの事を学ぶことができるでしょう。しかし、それらが「許されているもの」から「要求されているもの」として、一線を越えてしまう時、深刻な問題が引き起こされます。

ーヘブル的ルーツ運動の奇怪にしていくらか幻惑的な教えによると、もしもあなたがキリストにある異邦人信者なら、その理由はあなたがイスラエルの「失われた10部族」の末裔であるからであろうとされています。

 

ヘブル的ルーツ運動(New2Torah)のザキャリー・バウアー氏と、中西バプテスト大神学生ジョシュ・サマー氏の公開ディベート

 

 

参考資料:

How I Became Aware of the Hebrew Roots Movement

The Hebrew Roots Movement