巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

詠唱する魂の躍動と叫びーー救い主が山におられた時(♪ Dum esset Salvator in monte)【カリクストゥス写本、12世紀】

 Guido Reni - Saint James the Greater - Google Art Project.jpg

聖ヤコブ

 

全地よ。主を恐れよ。世界に住む者よ。みな、主の前におののけ。詩篇LXX32:8

 

f:id:Kinuko:20181225005516p:plain

カリクストゥス写本(Codex Calixtinus)12世紀

 

 

R/ Dum esset Salvator in monte, imponens aptissima nomina discipulis suis, vocavit Iacobum et Ihohannem Boanerges, quod est filii tonitrui.

V/ Sicut enim vox tonitrui in rota mundi sonat, sic in omnem terram exivit sonus predicacionum beati Iacobi, quod est filii tonitrui. Gloria Patri et Filio, et Spiritui Sancto.

(粗訳:救い主〔イエス〕は山におられた時、最もふさわしい弟子の名として、ヤコブとヨハネに、ボアネルゲ、すなわち、「雷の子」という名を付けられた。その声は全地に雷のように鳴り渡る。御父、御子、御霊に栄光あれ。)