巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ダニエル書「三人の若者の賛歌」を祈り歌う。

Image result for ãâ¢ãÆ«ãâ¿ãâ¤åâ¦Â±Ã¥âÅÃ¥âºÂ½

大地は、主を賛美し代々にたたえあがめよ。 山と丘よ、主を賛美し、代々にたたえあがめよ。 地に生える草木よ、主を賛美し代々にたたえあがめよ。ダニエル書補遺74-76写真

 

目次

 

アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌について

 

アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌(The Prayer of Azariah and the Song of the Three Holy Children)とは、ローマ・カトリック教会およびギリシャ正教会で用いられている聖書や、古代ギリシアの七十人訳聖書においてダニエル書3章23節の後に続く長い一節のことを指しています。*1

 

この節には、3人の若者が燃え盛る炉の中に投げ込まれた時のアザルヤ(バビロニア語でアベド・ネゴ ;ダニエル書1:6-7参)の懺悔の祈り、炉で彼らが出会った天使についての簡潔な記述、そして解放されたと悟った時に彼らが神に感謝して歌った賛歌が含まれています。

 

Three Holy Youths

Toros Roslin, Three Holy Youths in the Furnace, Wikimedia Commons.

 

「三人の若者の賛歌」は、正教会の奉神礼では、早課などに入れられるカノンにおける第7歌頌のイルモス(連接歌)の一部に取り入れられています*2。また聖大土曜日にはその歌の全文が、ダニイル(ダニエル)3:1からの部分と合わせ、誦経と詠隊とによって交互に歌われます*3

 

聖公会の聖公会祈祷書では「ベネディシテ (Benedicite)」と呼ばれるカンティクムに見いだす事ができます。また、これはルーテル教会の朝の礼拝における任意の歌でもあります。*4

 

ヘブライ語とアラム語のダニエル書にはこの祈りと賛歌の節は見出せず、現存するあらゆる古代のユダヤ人の著作でも言及されていませんが、この一節はいくつかの古代の、特にギリシア語、古代シリア語、ラテン語の文献に記載されています。

 

この記述が元はヘブライ語またはアラム語で書かれたか、ギリシア語で書かれたか不確かである事には関係なく、現代の研究者の多くは、原文に従った根拠に基づき、元となるセム語の版が恐らく存在したであろうと推論しています。*5

 

「三人の若者の賛歌」をコイネー・ギリシャ語で祈り歌う。

 

炉の中は露を含む涼風が吹いているかのようになった。火は全く彼らに触れず、彼らを苦しめることも悩ますこともなかった。そのとき、三人は、炉の中で声を合わせて賛歌をうたい、神に栄光を帰し、賛美して言った。*6

 

 

 

*Τὸν Κύριον ὑμνεῖτε, καὶ ὑπερυψοῦτε εἰς πάντας τοὺς αἰῶνας. (refrain)

主よ、 あなたは賛美され、 代々にほめたたえられ、あがめられますように。(リフレーン)

 

Εὐλογεῖτε, πάντα τὰ ἔργα Κυρίου, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

主の造られたすべてのものよ、主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ。

Εὐλογεῖτε, Ἄγγελοι Κυρίου, οὐρανοὶ Κυρίου, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

もろもろの天よ、主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ。

主の使いよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

Εὐλογεῖτε, ὕδατα πάντα τὰ ὑπεράνω τῶν οὐρανῶν, πᾶσαι αἱ Δυνάμεις Κυρίου, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

天の上のすべての水よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

天にあるすべての力は、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

Εὐλογεῖτε, ἥλιος καὶ σελήνη, ἄστρα τοῦ οὐρανοῦ, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

太陽と月よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

天の星よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

Εὐλογεῖτε, φῶς καὶ σκότος, νύκτες καὶ ἡμέραι, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

夜と昼よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

光と闇よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

〔Εὐλογεῖτε, πᾶς ὄμβρος καὶ δρόσος, πάντα τὰ πνεύματα, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

すべての雨と露よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

もろもろの風よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。〕

Εὐλογεῖτε, πῦρ καὶ καῦμα, ψῦχος καὶ καύσων, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

火と熱よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

寒さと暑さよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

〔Εὐλογεῖτε δρόσοι καὶ νιφετοί, πάγοι καὶ ψῦχος, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

露と霜よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

氷と寒さよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。〕

Εὐλογεῖτε, πάχναι καὶ χιόνες, ἀστραπαὶ καὶ νεφέλαι τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

霰と雪よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。  
稲妻と雲よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

〔Εὐλογεῖτε, γῆ, ὄρη καὶ βουνοί, καὶ πάντα τὰ φυόμενα ἐν αὐτῇ, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

大地は、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 山と丘よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 地に生える草木よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。〕

Εὐλογεῖτε, πηγαί, θάλασσα, καὶ ποταμοί, κήτη, καὶ πάντα τὰ κινούμενα ἐν τοῖς ὕδασι, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

泉よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

海と川よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

海の巨大な動物と水に動くすべてのものよ、 主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ。

〔Εὐλογεῖτε, πάντα τὰ πετεινὰ τοῦ οὐρανοῦ, τὰ θηρία καὶ πάντα τὰ κτήνη, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

空のすべての鳥よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

すべての獣と家畜よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。〕

〔Εὐλογεῖτε, υἱοὶ τῶν ἀνθρώπων, εὐλογείτω Ἰσραὴλ τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

人の子らよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

イスラエルよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。〕 

Εὐλογεῖτε, Ἱερεῖς Κυρίου, δοῦλοι Κυρίου, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

祭司たちよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

僕たちよ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。

〔Εὐλογεῖτε, πνεύματα καὶ ψυχαὶ Δικαίων, ὅσιοι καὶ ταπεινοὶ τῇ καρδίᾳ, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

正しい人々の霊と魂よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 
清く心の謙虚な人々よ、主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。〕

Εὐλογεῖτε, Ἀνανία, Ἀζαρία, καὶ Μισαήλ, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας.

ハナンヤとアザルヤとミシャエルよ、 主を賛美し、 代々にたたえ、あがめよ。 

〔主は、陰府より我らを救い出し、 死の力より救い、 
燃える炎の炉の中から、 火の真っただ中から我らを解放された。〕

Εὐλογεῖτε, Ἀπόστολοι, Προφῆται, καὶ Μάρτυρες Κυρίου, τὸν Κύριον· ὑμνεῖτε καὶ ὑπερυψοῦτε αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας. Εὐλογοῦμεν Πατέρα Υἱόν, καὶ ἅγιον Πνεῦμα.

Υμνοῦμεν καὶ ὑπερυψοῦμεν αὐτὸν εἰς τοὺς αἰῶνας. Αἰνοῦμεν, εὐλογοῦμεν, καὶ προσκυνοῦμεν τὸν Κύριον. Τὸν Κύριον ὑμνοῦμεν, καὶ δοξολογοῦμεν εἰς πάντας τοὺς αἰῶνας. Τὸν Κύριον ὑμνεῖτε, καὶ ὑπερυψοῦτε εἰς πάντας τοὺς αἰῶνας.

(主に感謝せよ、主は良き方、 その慈しみは代々に変わることはない。 神々の神である主を礼拝するすべての人よ、 主を賛美し、感謝せよ。 その慈しみは代々に変わることはない。)*7

*1:関連記事

*2:『聖歌譜 徹夜祷』p.182、大阪ハリストス正教会、昭和41年9月1日再発行

*3:『受難週間奉事式略』p.829-840、1902年、東京 正教会本会印行

*4:関連記事

*5:参照元

*6:日本語訳はココから。ギリシャ語訳はココから引用しました。英語での歌詞はココ

*7:この部分のギリシャ語訳と日本語訳は対応していません。