巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

さいわいなる不適応者たち――聖書的分離と敬拝(by A・W・トーザー)

目次

 

 さいわいなる不適応者たち!

A.W. Tozer, Blessed Maladjustment!(全訳)

 

今日の悲劇は、福音教会が、数的なものによって混乱させられ、また脅かされていることである。

 

彼らは、「現在、(この世に)変化が起こりつつあり、クリスチャンはその変化に適応しなければならない」という信条を受け入れている。ここで用いられている語は adjustment(適応)である。

 

「さあ、我々は何としてでもこの変化に適応・順応していかなければ!」――このようにして彼らは、この世が実際には常に、(いわゆる)「不適応人」たちによって祝福されてきたという一事を忘れてしまっている。

 

人間の試行的向上に関わるあらゆる分野において、「我、この世に迎合せず!」と勇み立った者たちによってこの世界は前進してきた。古典的作曲家、詩人、建築家などは皆、勇んで適応(迎合)しようとしない類の人々であった。

 

今日の社会は、適応しようとしないあなたを病人扱いするであろう。「カウンセラーの所に行った方がいい」と。

 

イエスは、当時にあって、もっとも不適応な人々の部類にあった。彼はこの世に適応しようという一切のフリを斥けた。彼はこの世のために死に、ご自身の元に彼らや我々を引き寄せるべく来られたのであり、それゆえ、「適応」などというものは、彼にはおよそ無縁なものでなければならなかったのである。

 

関連記事:

 

 --------------------------

十字架抜きのキリスト教

A.W.Tozer, Crossless Christianity(抄訳)

 

道を誤ったクリスチャンたちが、敵どもと友好関係を結び、こうして十字架を社会的に容認されるものにしようとする――そのような聖くないあがきを私はずっと目にしてきた。

 

これまで何人かの預言者たちが、こういった非道な背信行為に対し、反駁の文章を書いたり、説教してきたが、彼らの警告はほとんど顧みられることがなかった。

 

巷で人気のあるキリスト教運動のリーダーシップは、これまでも、そして今日においても、十字架の意味に対し盲目な人々の手に握られている。

 

これほどまでにひどい闇と光の混合はかつて存在しなかった。彼らはこの世をコピペすることに躍起になり、大胆不敵にも、それと同色化しようと試みているのである。

 

そのような文脈においては、クリスチャンであるために、人はただキリストを「受け入れれば」いいのである。そうすれば、「平安」をいただき、天国行きの確実なチケットがもらえる。そうした後、十字架はもう何ら意味を持たず、キリストに何ら権威はない。

 

妥協と共同は、現代キリスト教の顕著なる徴(しるし)である。社会によくなじみ、適応することは、キリストの掟を遵守すること以上に大切なことだとみなされている。

 

媚(こび)とへつらいのスピリットは、今日の聖徒のバッジだ。こうしてこの世とクリスチャンの間には、もはや大した違いはなくなってしまった。しかしこれは偶然の産物ではない。一連のこういった潮流は、したたかに企図されたものである。

 

 

関連記事:

ーーーーーーーーー

驚嘆に満ちた崇敬

 A. W. Tozer, Astonished Reverence(全訳)

 

神の臨在およびその近さに対する内なる意識なしに、クリスチャンとして私は長く存在することができなかったと思う。

 

わが魂の中で神に対する畏敬の念を絶えず持ち続け、礼拝の中で言葉に言い尽くせぬ歓喜に喜び溢れることによってでしか、私は自分自身を正しく保つことはできない。

 

残念なことに、神に対する恭しい畏敬という力強い感覚は、今日の教会に抜け落ちている資質である。フェーバーは、神に対する畏れを、「驚嘆に満ちた崇敬」と表現した。

 

それはおそらく、――「聖なる神の前にうち震える罪びとの感じる恐怖」から、「礼拝する聖徒の歓喜に満ち溢れた至福の境地」に至るまでさまざまな畏れや崇敬心を包含するだろう。

 

愛と歓喜と驚きと崇敬とまじりあった、恭謙なる神への畏敬――これが魂の知り得るもっとも至福にして、もっとも清められた感情であると思う。

 

まことの神への畏れは、美しい。なぜなら、それこそが敬拝であり、愛であり、崇敬であるからだ。そしてそれこそが高められた倫理的至福である。なぜなら、神ご自身がそのようなお方であるのだから!