読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ディダケー(12使徒の遺訓:Διδαχή των Δώδεκα Αποστόλων)第12章 旅びとのもてなしについて

ΙΒ'

1. Πᾶς δὲ ὁ ἐρχόμενος ἐν ὀνόματι Κυρίου (Ματθ. 21,9) δεχθήτω ·
ἔπειτα δὲ δοκιμάσαντες αὐτὸν γνώσεσθε,
σύνεσιν γὰρ ἕχετε δεξιὰν καὶ ἀριστεράν.

主の御名によってやって来る全ての人を受け入れなさい。

しかしその後、あなたがたはこの人について吟味し、この人の人格を見極める必要がある。なぜなら、あなたがたには真偽を見分ける識別力があるからだ。

 


2. Εἰ μὲν παρόδιός ἐστιν ὁ ἐρχόμενος,
βοηθεῖτε αὐτῷ, ὅσον δύνασθε·
οὐ μενεῖ δὲ πρὸς ὑμᾶς εἰ μὴ δύο ἢ τρεῖς ἡμέρας,
ἐὰν ᾖ ἀνάγκη.

もし訪問者が、旅人なら、できる限り、彼を助けてあげなさい。しかし、よほど差し迫った必要がない限り、彼はあなたの所に二日、三日以上滞在することはできない。

 


3. Εἰ δὲ θέλει πρὸς ὑμᾶς καθῆσθαι, τεχνίτης ὤν, ἐργαζέσθω καὶ φαγέτω (Β' Θεσ. 3,10).

しかし、もし職人である彼があなたの所に留まりたいというのなら、彼は働き、自分の糧を得るべきである。

 


4. Εἰ δὲ οὐκ ἔχει τέχνην,
κατὰ τὴν σύνεσιν ὑμῶν προνοήσατε,
πῶς μὴ ἀργὸς μεθ’ ὑμῶν ζήσεται Χριστιανός.

しかし、もし仕事がないのであれば、あなたがた自身の判断によって、彼に仕事を提供してあげなさい。あなたがたの間で、クリスチャンが怠惰に生活することのないためである。

 


5. Εἰ δ’ οὐ θέλει οὕτω ποιεῖν, χριστέμπορός ἐστι (Α' Τιμ. 6,5
προσέχετε ἀπὸ τῶν τοιούτων.

しかしもし彼に働く気がないのであれば、この人はキリストを利用する悪徳商人である。こういう類の人に気をつけなさい。