読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ディダケー(12使徒の遺訓:Διδαχή των Δώδεκα Αποστόλων)第11章 預言者と偽預言者の見分けについて

ΙΑ'

1. ς ἂν οὖν ἐλθὼν διδάξῃ ὑμᾶς ταῦτα πάντα τὰ προειρημένα, δέξασθε αὐτόν·

それゆえ、誰であれ、前述した全てのことを教えに来るなら、その人を迎え入れなさい。

 


2.  ἐὰν δὲ αὐτὸς ὁ διδάσκων στραφεὶς διδάσκῃ ἄλλας διδαχὰς εἰς τὸ καταλῦσαι, μὴ αὐτοῦ ἀκούσητε (Β' Ἰωάν. 10
εἰς δὲ τὸ προσθεῖναι δικαιοσύνην καὶ γνῶσιν Κυρίου,
δέξασθε αὐτὸν ὡς κύριον.

しかし、その教師自身が堕落しており、上述の教えを破壊するような別の教えを説いているのなら、この教師の言うことに耳を傾けてはならない。

しかし、もしこの人の動機が、義および主を知る知識を増し加えることにあるのだったら、主を迎えるように、この人を迎えなさい。

 


3. Περὶ δὲ τὼν ἀποστόλων καὶ προφητῶν,
κατὰ τὰ δόγμα τοῦ εὐαγγελίου, οὕτως ποιήσατε (Ματθ. 10,5-12).

使徒や預言者に関しては、福音の掟に従って行動しなさい。

 


4. Πᾶς δὲ ἀπόστολος ἐρχόμενος πρὸς ὑμᾶς
δεχθήτω ὡς κύριος·

あなたのところに訪ねて来る使徒に対しては、主を迎えるように、この人を迎えてあげなければならない。

 


5. οὐ μενεῖ δὲ εἰ μὴ ἡμέραν μίαν·
ἐὰν δὲ ᾖ χρεία, καὶ τὴν ἄλλην·
τρεῖς δὲ ἐὰν μείνῃ, ψευδοπροφήτης ἐστίν.

しかし、一日以上滞在させてはならない。もし何か必要があるのだったら、二日滞在することもあろう。しかし、もし彼が三日間滞在したのなら、この人は偽預言者である。

 


6. Ἐξερχόμενος δὲ ὁ ἀπόστολος μηδὲν λαμβανέτω
εἰ μὴ ἄρτον, ἕως οὗ αὐλισθῇ (Ματθ. 10,9-10
ἐὰν δὲ ἀργύριον αἰτῇ, ψευδοπροφήτης ἐστί.

また、使徒が発つ時、晩の宿泊先に着くまで、パン以外のいかなる物も受け入れさせないようにしなさい。しかし、もし彼がお金を無心するなら、この人は偽預言者である。

 


7. Καὶ πάντα προφήτην λαλοῦντα ἐν πνεύματι
οὐ πειράσετε οὐδὲ διακρινεῖτε·
πᾶσα γὰρ ἁμαρτία ἀφεθήσεται (Βλ. Ματθ. 12,31),
αὕτη δὲ ἡ ἁμαρτία οὐκ ἀφεθήσεται.

御霊によって語っている預言者を試したり、この人と議論したりしてはならない。なぜなら、人はどんな罪も赦していただけるが、(聖霊に逆らうという)この罪だけは赦されないからである。

 


8. Οὐ πᾶς δὲ ὁ λαλῶν ἐν πνεύματι προφήτης ἐστίν,
ἀλλ’ ἐὰν ἔχῃ τοὺς τρόπους Κυρίου.
Ἀπὸ οὖν τῶν τρόπων γνωσθήσεται
ὁ ψευδοπροφήτης καὶ ὁ προφήτης (Ματθ. 7,16).

しかし、御霊によって語るからといって、皆が皆預言者であるとは限らない。ただ、主のご性質をあらわすような生き方をしている人だけがそれに相当するのだ。

それゆえ、彼の生き方によって、あなたがたは、この人がまことの預言者なのか、偽りの預言者なのか見分けることができる。

 


9. Καὶ πᾶς προφήτης ὁρίζων τράπεζαν ἐν πνεύματι
οὐ φάγεται ἀπ’ αὐτῆς,
εἰ δὲ μήγε, ψευδοπροφήτης ἐστίν.

御霊にあって、食事を注文しているような預言者は、これを食べるべきではない。もしそうでないなら、彼は偽預言者である。

 


10. Πᾶς δὲ προφήτης διδάσκων τὴν ἀλήθειαν,
εἰ ἃ διδάσκει οὐ ποιεῖ, ψευδοπροφήτης ἐστί.

真理を教えながらも、教えている本人がそれを実行していないなら、その人は偽預言者である。

 


11. Πᾶς δὲ προφήτης δεδοκιμασμένος ἀληθινός,
ποιῶν εἰς μυστήριον κοσμικὸν ἐκκλησίας,
μὴ διδάσκων δὲ ποιεῖν, ὅσα αὐτὸς ποιεῖ,
οὐ κριθήσεται ἐφ’ ὑμῶν·
μετὰ Θεοῦ γὰρ ἔχει τὴν κρίσιν·
ὡσαύτως γὰρ ἐποίησαν καὶ οἱ ἀρχαῖοι προφῆται.

たとえ、吟味に受けた上で、真実な者とされている預言者が、教会の中で世的な儀式を行なっているとしても、この人が同じことをするよう他の人に説いていない限り、彼は裁かれるべきではない。

なぜなら、いにしえの預言者たちと同様、この人を裁くのは神であるからだ。

 


12. Ὃς δ’ ἂν εἴπῃ ἐν πνεύματι·
δός μοι ἀργύρια ἢ ἕτερά τινα, οὐκ ἀκούσεσθε αὐτοῦ·
ἐὰν δὲ περὶ ἄλλων ὑστερούντων εἴπῃ δοῦναι,
μηδεὶς αὐτὸν κρινέτω.

しかし、誰であれ、御霊によって、「お金か、もしくは何か他の物をください」と言うような者に対しては、耳を貸してはならない。

しかし、困窮にある誰か他の人々のために、そう頼んでいるのなら、誰も、この人を裁いてはならない。