読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ディダケー(12使徒の遺訓:Διδαχή των Δώδεκα Αποστόλων)第5章 死の道

Ε'

1. δὲ τοῦ θανάτου ὁδός ἐστιν αὕτη·
πρῶτον πάντων πονηρά ἐστι καὶ κατάρας μεστή·
φόνοι, μοιχεῖαι, ἐπιθυμίαι, προνεῖαι, κλοπαί,
εἰδωλολατρίαι, μαγεῖαι, φαρμακίαι, ἁρπαγαί,
ψευδομαρτυρίαι, ὑποκρίσεις, διπλοκαρδία,
δόλος, ὑπερηφανία, κακία, αὐθάδεια,
πλεονεξία, αἰσχρολογία, ζηλοτυπία, θρασύτης,
ὕψος, ἀλαζονεία, ἀφοβία Θεοῦ.

一方、《死の道》はこうである。

まず、それは邪悪である。

そして、のろい、殺人、姦淫、情欲、不品行、

盗み、偶像礼拝、魔術、妖術、強盗、偽証、

偽善、二心、詐欺、高慢、悪意、頑迷、貪欲、卑劣な言葉、嫉妬、無礼、高ぶり、傲慢、

こういったものに満ちている。

 


2. Διῶκται ἀγαθῶν, μισοῦντες ἀλήθειαν,
ἀγαπῶντες ψεῦδος, οὐ γινώσκοντες μισθὸν δικαιοσύνης,
οὐ κολλώμενοι ἀγαθῷ οὐδὲ κρίσει δικαίᾳ, ἀγρυπνοῦντες οὐκ εἰς τὸ ἀγαθόν,

ἀλλ’ εἰς τὸ πονηρόν·
ὧν μακρὰν πραΰτης καὶ ὑπομονή,
μάταια ἀγαπῶντες, διώκοντες ἀνταπόδομα,

また、それは善なるものへの迫害者であり、真理を憎み、偽りを愛するものである。

またそれは義人への報いなどお構いなしで、善や正しい裁きといったものに対しても節を守ることをしない。

また、それは善を行うためではなく、その反対に、邪悪な目的のためにあくせくと不眠の夜を過ごす。

さらに、それは、柔和さや忍耐といったことからはほど遠く、無益なことを愛し、見返りを求めている。

 


οὐκ ἐλεοῦντες πτωχόν,
οὐ πονοῦντες ἐπὶ καταπονουμένῳ,
οὐ γινώσκοντες τὸν ποιήσαντα αὐτούς,
φονεῖς τέκνων, φθορεῖς πλάσματος Θεοῦ,

ἀποστρεφόμενοι τὸν ἐνδεόμενον,
καταπονοῦντες τὸν θλιβόμενον,
πλουσίων παράκλητοι,
πενήτων ἄνομοι κριταί, πανθαμάρτητοι.
Ῥυσθείητε, τέκνα, ἀπὸ τούτων ἁπάντων.

またそれは貧しい人々に対する憐れみがなく、虐げられ労苦している人を助けることをせず、彼らを創造された方のことを顧みることすらしない。

また、それは子どもたちを殺し、神の被造物を破壊し、困窮にある者をないがしろにし、貧しい者をしいたげている。

さらに、不当にも富める者に手を貸し、貧しい者を不正に裁いており、徹頭徹尾、罪に染まっている。

わが子よ。あなたがたが、これらすべてのものから、救い出されんことを。