読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

愛と憎しみ(イサク・ワッツの信仰詩)

さあ今、わが神のご慈愛、

激しい主の苦悩、最期の呻き、

瀕死の血潮により、

私は、わが魂に命じる。

わが同胞の聖徒を愛せよと。

  

喧騒、怒り、戦いよ、去れ。

嫉妬と悪意よ、永遠に消えよ。

苦々しい言葉が

平和の子であるわれわれ同胞の間で

もはや発せられてはならない。

 

平和に満ちた鳩のごとく、

御霊が喧噪と対立の領域から飛び去っていく。

主はわれらの魂を天的な生活のために刻印してくださった。

それなのにその愛を苦しめ、悲しませてよいだろうか?

 

われらの思いがことごとく、優しさといたわりで満ち、

全生涯をとおし、慈愛とあわれみがわれらの内より流れんことを。

そうする時、神もまた、愛しき御子キリストゆえに、

数えきれないほどのわれらの咎を赦してくださるだろう。

 

 

Isaac Watts, Love and hatred(私訳)

 

ピリピ2:2

私の喜びが満たされるように、あなたがたは一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、志を一つにしてください。

 

エペソ4:29-32

29悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。

30神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。

31無慈悲、憤り、怒り、叫び、そしりなどを、いっさいの悪意とともに、みな捨て去りなさい。

32お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。