読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ハインリッヒ・スソーの信仰詩【第一部 神を求めて:欣求(ごんぐ)】

               f:id:Kinuko:20170127003704j:plain

 

イザヤ41:17

悩んでいる者や貧しい者が水を求めても水はなく、その舌は渇きで干からびるが、わたし、主は、彼らに答え、イスラエルの神は、彼らを見捨てない。

 

おお、いとやさしく慈愛に満ちた主よ、

わが心はあてどもなく彷徨い、独りきりです。

憔悴し、渇いています。

未だ知らぬ喜びを求め、渇いているのです。

 

幼い時から私はそれを探していました。

荒れ野を、原野を、丘陵を駆け抜け、ひたすら追い求めていたのです。

しかしけっしてそれに到達することはなく、見ることもありませんでした。

それでも私は探求をやめることができませんでした。

 

古の日々、私は美しく華麗なものの中に

それを見い出そうとしていました。

しかし、求めれば求めるほど、渇望すればするほど、

おおわが神よ、あなたはますます遠ざかっていきました。

 

端辺まで近づき、今や捕えんとした瞬間、

それは、はかない幻のように逃げていきました。

主よ、その実体が一体なんであるのか、私は決して知ることができませんでした。

それが何であり得ないのかということだけは、知りすぎるほど知っていたのに―。

 

「それはわたしである。永遠なるわたしである。

お前を、わが子として選んだ者。

創造のはじめよりお前を選んでいた者。

永遠よりお前を選んでいた者。

お前が旅をはじめる前にすでにわたしはその道に立っていた。

――これからお前が進もうとしていた道の先々に。

なぜなら、民がただわたしだけに属する者とされること、

それが、わが選びし者の標(しるし)であるからだ。」

 

Heinrich Suso, The Chase(私訳)