読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

滅びのあらしの過ぎ去るまでは(主の守りを求める祈り)

                               f:id:Kinuko:20170121001544p:plain

詩27:5 主が悩みの日に、、幕屋の奥にわたしを隠し、、

 

天のお父さま、外には、こわいものがたくさんあります。

御手をのばし、か弱い私たちを包み込んでください。

震えがとまらないとき、

恐怖で身がすくむとき、

あなたの御腕のなかで守られていることを、

小さき私たちに感じさせてください。

 

とおくとおく 一番奥まったところに

私たちをかくまってください。

敵の放つ矢、世の歓声、死人のような重さの虚無から

私たちの心を守り防いでください。

小羊の血によっておおわれた隠れ場。

おお主よ、私たちをそこに隠してください。

滅びのあらしが過ぎ去るまでうごかず、 

私たちはあなたの翼の陰にじっとうずくまります。

 

詩篇31:2

わたしのために のがれの岩となり、わたしを救う堅固な城となってください。

詩篇32:7

あなたは わたしの隠れ場であり、、

詩篇57:1

神よ、わたしをあわれんでください。

わたしをあわれんでください。

わたしの魂は、あなたに寄り頼みます。

滅びのあらしの過ぎ去るまでは、あなたの翼の陰をわたしの避け所とします。 

詩篇63:8

わたしの魂はあなたにすがりつき、

あなたの右の手はわたしをささえられる。