巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

「三位一体の中で、御父もまた御子に恭順(submit)しているのです。ですから、御子との関係において、御父に固有の権威があるわけではないのです」という主張はどうでしょうか。【三位一体論とフェミニズム】前篇

          f:id:Kinuko:20170108195337p:plain

 

以下は、ウィリアム・P・ヤング著『神の小屋』の中で、「イエス」が、三位一体の神のことを説明する場面です。

 

「イエス」が主人公のマックに言うセリフ

  これこそ、パパ(御父)およびサラユ(聖霊)と私(イエス)の関係にある美しさなんだ。

 私たち[三位一体の神]は、実に、お互いに対し恭順の関係にあるのだ。これまでもずっとそうだったし、これからもそうだ。「パパ」(御父)は――私(イエス)が「パパ」に従っているのと全く同じように――私(イエス)にも恭順している

 そしてそれは「サラヤ」(聖霊)のわたしへの恭順、「パパ」の「サラヤ」への恭順においても同じなんだ。恭順というのは、権威に関することではなく、それは従順でもない。それはただ、愛と尊敬の関係なんだ。事実、わたしたち〔三位一体の神〕は、それと同じ仕方で、あなた(という人間)に恭順しているんだよ

 

     f:id:Kinuko:20170108195922p:plain

恭順というのは、権威に関することではなく、従順でもない。それは愛と尊敬の関係についてのこと――これに尽きるのだ。

ウィリアム・P・ヤング

 

 Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth, chapter10

 

スタンリー・グレンツのような対等主義の人々は、今日、「三位一体の神の位格間には、相互恭順の関係がある」と主張するようになっています。訳者注:尚、スタンリー・グレンツ氏は、イマージング・チャーチ運動の指導者の一人でもあります。ですから、上記のウィリアム・P・ヤング氏(『神の小屋』)と、グレンツ氏の思想を結ぶキーワードの一つは、「イマージング」だと言えるでしょう。)

 

           f:id:Kinuko:20161221213648p:plain

 

 キリストの模範についての議論が往々にして見落としている点は、三位一体の神の中における相互依存という――より深い原動力(dynamic)についてです。神性に関し、御父は、御子に依存しています。御子をこの世に送り出すにあたり、御父はご自身の統治――そうです、実にご自身の神性を――御子に委託されたのです(例:ルカ10:22)。

 同様に、御父としてのご自身の称号に関し、御父は御子に依存しています。2世紀にエイレナイオスが指摘したように、御子なしには御父は、御子の父ではありません。従って、御父に対する「御子の従属」は、御子に対する「御父の従属」とつり合い(バランス)が保たれなければなりません。Grenz, Women in the Church, 153-54.

 

筆者注:対等主義によるこの新奇な三位一体論とその改ざんの詳細については、以下の論稿を参照のこと。Ware, "Tampering with the Trinity," 233-53. また、三位一体の神の中における相互恭順論("mutual submission")については、ギルバート・ビレジキアン氏もこれを是認しており、その言明は次の論稿の中に見いだされます。Bilezikian, "Hermeneutical Bungee-Jumping" (1997), 57-68.)

 

訳者注:一応、参考までに追記しておきますと、ミラード・J・エリクソン氏は、上の両サイドとも違う第三番目の論を展開しており、その詳細は、次の著書に記されています。Millard Erickson, Who's Tampering with the Trinity?: An Assessment of the Subordination Debate, 2009.)

 

後の論稿においても、グレンツはこの分析を繰り返しています。

 

オリゲネスが「御子の永遠の生成」として言及している原動力(dynamic)は、二つの方向に向かって動いています。教父アタナシオスが認識していたように、この原動力は御子を生成(generate)するだけでなく、御父をも構成(constitute)しているのです、、

 御子は、御父なしには御子ではありません。しかし、それと同様、御父も、御子なしには御父ではありません、、、私たちは「御子の従属」と、御子に対する「御父の従属」とのバランスをとらなければなりません

 要するに、「御子の永遠の生成」が何を示しているかというと、三位一体神の「第一位格」と「第二位格」は、関係性における相互依存を享受しているということです。ある意味、双方がそのアイデンティティに関し、互いに依存し合っていたのです。Grenz, "Theological Foundations" (1998), 618.

 

ロイス・グルーエンラー(Royce Gruenler)もまた、ヨハネの福音書から同様の議論を展開し、この福音書の中に、「三位一体神のそれぞれの位格間における相互的かつ自発的な従属」のテーマが読み取れると主張しています。(Royce Gruenler, The Trinity in the Gospel of John (1986), xvi.)そして、ヨハネ5:25-26の中で、「イエスもまた、裁きを行なうにあたり、御父と同等の権威を共有している、、、御父は自ら進んでご自身を御子に従属させた」と言っています。(同著, p38)

 

回答1.

グレンツは、目下論議中のカテゴリーを混同させています。

 

今、私たちが論議している問いというのは、御父の権威に対する御子の恭順についてです。私が前回挙げたすべての聖句からは、1)御父がご計画し、先立って行ない、導き、送り出し、命じ、それに対し、2)御子が応答し、御父に従い、御父のご計画を遂行されていることが示されています。

 

グレンツ氏が、それと平行させる形で、三位一体における「相互恭順」や「御子に対する御父の従属」といったものを示したいのなら、彼は、御子が御父に命じている/御子が御父を送り出している/御子が御父の働きを指示・指揮している/御父ご自身が、「わたしは御子に従っている」と言明しているような聖句箇所を提示しなければなりません。しかしそのような箇所はどこにも見い出されません。

 

そうなると、グレンツは「御子に対する御父の従属」説をどのように展開させていったらよいのでしょうか?そうです、彼は目下議論されているテーマを変改させ、カテゴリーを混同させているのです。

 

注意してください。彼は、御子の権威に対する御父の恭順については何も言っていません。その代りに、グレンツは、「御子なしには御父は、御子の父ではありません。」と述べています。しかし、これは目下論議しているテーマへの取り組みではありません。これは言語学的なトリックであり、このようにして彼は元来のポイントAからポイントBへと巧妙に論点をシフトさせています。

 

ポイントB「はたして御子なしに、御父は御父であろうか?」(もちろん、答えは「否」ですが、これが言わんとしているのはただ、「もし神が三位一体でなければ、神は三位一体ではない。」もしくは、「もし神が〔相互に〕異なっているのなら、神は異なっている」という種のことです。)

 

しかしこの言明からは、真の神が誰であるのか、ないしは、三位一体神の位格間に『実際に』存在している関係性についてなどは、何も語られていません。そして御父が御子の権威に従っていることを示すような事――実際、そのようなことは決してないのですが――も何ら示していません。こういったグレンツの議論の仕方を、家庭生活の身近なたとえで表すと次のようになります。

 

.もし自分に妻がいなかったのなら、私は夫ではないであろう。

.従って、私には夫としてなんら特別な権威はないはずだ。そして、私の結婚においては、相互恭順があってしかるべきである。

 

もう一つ別のたとえも挙げます。

 

.もし私に子どもがいなかったのなら、私は親ではないであろう。

.従って、私には親としてなんら特別な権威はないはずだ。そして、私の子と自分自身の間には、相互恭順があってしかるべきである。

 

両ケースにおいて、二番目の文章は意味をなしていません。事実、二番目の文は、一番目の文に対し、ロジカルな関係にありません。つまり、グレンツは最初の文で、「関係性が存在するには、二者が必要である」という当たり前の事実をただ単に証明しているにすぎないのです。

 

しかし、その文自体は、当該の関係性の性質について何も言っていません。そして、二者間のあらゆる関係に「相互恭順」がなければならないということは勿論、言えないことです。グレンツは以上のように論点をすり替え、カテゴリーを混同させています。

 

次に続きます。

 

関連記事:

 

www.youtube.com