読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

「ローマ16:7のユニアは女使徒でした。ですから、初代教会の初めより、女性にも権威ある地位が与えられていたのです。」という主張はどうでしょうか。【前篇】

                              f:id:Kinuko:20170101175756p:plain

 John Piper and Wayne Grudem, 50 Crucial Questions About Manhood and Womanhood | Desiring God, 2016

 

Q. ローマ16:7でパウロは次のように書いています。「私の同国人で私といっしょに投獄されたことのある、アンドロニコとユニアス(別訳:ユニア)にもよろしく。この人々は使徒たちの間によく知られている人々で、また私より先に先にキリストにある者となったのです」(新改訳)。

  ユニアス/ユニアという人は女性ではないのですか?そして彼女は使徒ではありませんでしたか?ということは、初代教会の中で、「女性が、男性たちの上に立つ、非常に権威ある立場に就いていた」ということをパウロはぜひともこの箇所で是認したかった、ということになるのではないでしょうか。

 

回答:

それでは差し出された3つの質問を順を追ってみていくことにしましょう。

(1)ユニアス/ユニアという人は女性ではないのですか?

これについて私たちは知り得ません。証拠も決定的でなく、そのため、ある聖書はユニア(Junia)と女性の名前として訳し、別の聖書は、ユニアスと男性の名前として訳しています。

(訳者注:①ユニアと訳している聖書の例:岩波訳、欽定訳、ESV, Holman, NET訳等。②ユニアスと訳している聖書:新共同訳、前田訳、新改訳、塚本訳、口語訳、文語訳、NASB, Darby, Young訳等)

 

私たちは、現在デジタル化され、2889人の著述家と8203の諸作品を網羅しているデータベース Thesaurus Linguae Graecae 註1を通し、紀元前9世紀のホメロス作品から、紀元5世紀に至るまでに書かれたギリシャ語の全著述作品を調べました。

 

f:id:Kinuko:20170101174155p:plain

 

私たちは可能性として考えられるすべての事例を抽出すべく、Iounia-のあらゆる語形を調べました。(但し、形態学的に言って男性形 Iouniasより来た可能性のある第一語形変化〔男性属格〕Iouniouだけはそこから除外しました。というのも、このIouniouが、はたしてIounios(ユニオス)という別の男性の名前の語形変化であるのか否か、これだけでは全く判断のしようがなく、従って、この形を統計に取り入れてしまうことで、ローマ16:7の男性形ユニアス検証における、すべての属格形を無用なものにしてしまうことになりかねなかったからです。)

 

こうしたコンピューター検索により、(ローマ16:7の事例以外に)私たちは3つの事例を抽出いたしました。

 

① プルータルコス(AD50-120)の『マルクス・ブルータス伝』。

〔ブルータスとカッシウスとの間の摩擦を描いている場面〕「、、彼らは親戚としての繋がりはあったのだ―カッシウスは、ブルータスの妹であるユニアと結婚していた。(Iounia gar adelphe Broutou sunoikei Kassios).」註2

 

② エピファニウス(AD315-403)。彼は、キプロスにあるサラミスの監督と務めていましたが、『弟子たちの目録』という書き物の中で、次のように記しています。

「パウロが言及しているユニアスについてですが、〔彼は〕シリアのアパメイアの監督になりました。」註3

 

ギリシャ語では、‟of whom”に当たる箇所が男性形関係代名詞(hou; οὗ )となっており、そこから分かるのが、著者エピファニウスは、ユニアスが男性だと考えていた、という事です。

 

③ ヨハネ・クリュソストモス(AD347-407)。ローマ16:7講解の中でユニア(ス)の事に言及し、彼は次のように記しています。

「おお、この人はなんと敬虔な女性でしょう。使徒の名称にさえふさわしいとみなされていたとは!(she should be even counted worthy of the appellation of apostle)」註4

 

以上の3事例からおおよそ知り得るのは、

1)ユニア(ス)という名は、新約聖書の時期、女性の名前として用いられていた(プルータルコス)。

2)教父たちの間では、パウロがこの名前を女性名として用いていたのか男性名として用いていたのかについて意見が分かれていた。(エピファニウスはそれを男性形として取り扱い、一方のクリュソストモスはそれを女性形として取り扱っていた。)

 

しかしながら、どちらかといえば、エピファニウスの言説の方に、より重きが置かれてよいかもしれません。といいますのも、彼はユニア(ス)についてより具体的な情報を知っているように見受けられるのに対し(「ユニアスは、アパメイアの監督になりました。」)、クリュソストモスの方は、ローマ16:7から推測でき得ること以外には何ら他の情報を提供していないからです。(しかし、エピファニウスはプリスカに関して誤った情報を記しています。)註5

 

しかしながら、おそらく上述の事例以上に重要なのは、現存する最古のローマ書註解のオリゲネス(d.AD252)によるラテン語引用ではないかと思われます。

 

f:id:Kinuko:20170101182215p:plain

オリゲネスのローマ書註解。(上の写本は11世紀後半から12世紀前半のもの。イタリア。引用元

 

オリゲネスは、「アンドロニコ、ユニアス、ヘロディアス――彼ら全員のことを彼(パウロ)は、同国人で、私といっしょに投獄されたことがある人々だと言っています。〔Andronicus, et Junias, et Herodion, quos omnes et cognatos suos, et concaptivos appellat]」と記しています。註6

 

ここで記されているユニアスは、ラテン語の男性単数主格であり、従って――もしこの古代訳が信頼性のあるものであるならば――(古代世界で最も秀でた聖書学者の一人であった)オリゲネスは、ユニアスを男性だと考えていた、という事になります。エピファニウスの引用に加え、オリゲネスのこの引用は、ユニアス男性説の見解に多少重みを加えるものかもしれません。

 

また、新約期、-asで終わる男性の名前はめずらしいものではありませんでした。例えば、アンデレ(Andreas, Ανδρεας, マタイ10:2)、エリヤ(Elias, Ηλιας, マタイ11:14)、イザヤ(Esaias, Ησαιας, ヨハネ1:23)、ザカリヤ(Zacharias, Ζαχαριας, ルカ1:5)などを挙げることができます。

 

A・T・ロバートソンは、-asで終わる数多くの名称は、明らかな男性形の短縮形であるということを示しています。註7.

 

f:id:Kinuko:20170101181430p:plain

 

新約聖書中での最も明瞭な例は、シラス(Silas, Σιλας, 使徒15:22)でしょう。これは、シルワノ(Silvanus, Σιλουανος, 1テサ1:1、1ペテロ5:12)から来ています。

 

ですから、名前の形が何を表わしているのかについてドグマティックになる事は是非とも避けなければならないでしょう。とどのつまり、それは女性形であるかもしれないし、あるいは男性形であるかもしれないのです。そして、「ユニアというのは当時のギリシャ語世界で一般的な女性の名前だった」と主張することは到底できない話です。というのも、現存する古代ギリシャ文献全般の中で、私たちが現在、特定できるのはただこれらの3事例に過ぎないからです。註8

 

それに加え、プリスカとアクラ(ローマ16:3)のように、アンドロニコとユニア(ス)がペアーで記されているからといって、彼らをも夫妻だと決めつけることはできません。なぜなら、ローマ16:12では、二人の女性がペアーで記載されているからです。「主にあって労している、ツルパナ(Τρυφαινα)とツルポサ(Τρυφωσα)によろしく。」ですから、ツルパナとツルポサという二人の女性の列挙と同様に、アンドロニコとユニア(ス)も、二人の男性名の列挙である可能性もあるわけです。

 

次につづきます

1. Thesaurus Linguae Graecae (Irvine: University of California at Irvine,1987), Pilot CD-ROM #C.

2. Plutarch’s Lives of Illustrious Men, trans. John Dryden (New York: John Wurtele Lovell, n.d.), 3:359

3. Index discipulorum 125.19–20.

4. John Chrysostom, Homilies on the Epistle of St. Paul the Apostle to the Romans 31.7, in A Select Library of the Nicene and Post-Nicene Fathers of the Christian Church, ed. Philip Schaff, first ser., vol. 11 (Grand Rapids, MI: Eerdmans, 1956), 555.

5. We are perplexed about the fact that in the near context of the citation of Junia, Epiphanius also designates Prisca, who is mentioned in Rom. 16:3, as a man, even though we know from the New Testament that she was a woman.

6.Origen, Commentaria in Epistolam B. Pauli ad Romanos, in Origenis:Opera Omnia, vol. 14 of Patrologia Graeca, ed. J. P. Migne, col. 1289. This work was preserved in a Latin translation by Rufinus (ca. AD 345–ca. 410).

7. A. T. Robertson, A Grammar of the Greek New Testament in the Light of Historical Research (New York: Hodder and Stoughton, 1914), 171–73.

8. However, Junia is a common woman’s name in Latin, and that has persuaded several recent translations to render the name as Junia.