読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

「当時のエペソの女性たちは偽りの教えを説いており、1テモテ2:12はその歴史的文脈で解釈されなければなりません。ですから、この聖句内容は、今日の教会に一般化して適用すべきではないのです。」という主張に対しての応答。【その5】

 Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth, chapter 8

回答4.

もし偽りの教えを何人かの人が教えていたという事実をもって、その人たちの性別に属する全ての人を不適任とするのなら、とどのつまり、すべての男性は教える適性資格をはく奪されてしまう、ということになります。

 

対等主義の人々の見解(それがクローガーのグノーシス神話を基にした説であろうと、その他、類似の諸説であるにしても)、それらの主張には一貫性がありません。考えてみてください。仮に、エペソで何人かの女性が偽りの教えをしていたとしたところで、なぜパウロは、それによって、「すべての」女性に教えることを禁じたのでしょうか。パウロがそうすることは公平でなく、また一貫性にも欠けています。

 

前の項でご一緒にみました通り、私たちが〔聖書から〕確実に知っている偽教師たちというのは、男性であって、女性ではありませんでした。それゆえに、もしも対等主義の人々が自らの議論に一貫性を持たせようとするなら、その時、パウロは、「すべての男性たち」に対し、教える行為を禁じなければならなくなります。―その理由は、数人の男性が偽りの教えをしていたからです!しかし、もちろん、パウロはそのような事はしませんでしたし、そこから対等主義のこの線上での議論の矛盾が浮かび上がってきます。

 

回答5.

パウロは1テモテ2:13-14の掟を出した理由を述べており、それは、女性たちによってなされていた偽りの教え云々ではなく、「創造の秩序(Creation order)」ゆえでした。パウロが述べている理由を、(彼が言っていない)別の理由で置き換えるという行為は危険です。

 

パウロはこの掟を出した理由を、「女性たちによる偽りの教え」に置いてはいませんでした。そしてパウロは、「私は、女が教えたり男を支配したりすることを許しません。ただ、静かにしていなさい。なぜなら、そこのエペソで何人かの女性たちが偽りの教えをしているからです」とは言いませんでした。そうではなく、掟の理由は、創造の秩序にありました。「アダムが初めに造られ、次にエバが造られたからです。(For Adam was formed first, then Eve.)」(1テモテ2:13)

訳者注:ギリシャ語原典をみると、13節は、"Αδαμ γαρ πρωτος επλασθη, ειτα Ευα."となっており、理由や説明の文を導く等位接続詞である「γαρ, gar」が使われています。英訳では、文頭の"For《=なぜなら》"という言葉でその語が明確に訳出されています。)

 

ですから、私たちは、パウロが実際には出していない理由をベースにした解釈の立場を受け入れるべきではないと考えます。特に、そういった立場が、パウロの実際の理由を軽視したり、無視し去ったり、あるいは突飛で妙な解釈を提示したりしている場合はなおさらです。

 

回答6.

「その場に男性が同席していなかったから」という理由づけは、この聖句の実際の語法に対する不理解から来ています。

 

サラ・サムナー(Sarah Sumner)は、また別の理由を提示しています。彼女によれば、パウロが男性にではなく、女性たちにだけ「静かにしていなさい」と言った理由は、おそらく、男性がその場に誰もいなかったからだ、というのです。

 

「エペソの女性たちは〔人の話を〕聞くべき時に、話していました。そこに男性たちも同席していたのかは分かりません。もし同席していなかったのなら、それによって、なぜパウロが男性たちにではなく、女性たちに『静かにしていなさい』と命じたのか、もっともな説明がつくことになります。」Sumner, Men and Women in the Church, 250.

 

これは実に斬新な提案です。そして、未だかつて誰もこの提案をしたことがなかった理由としては、おそらく、

 

「それでは、なぜ、パウロは〔その場にいないはずの男性陣に向かって〕『男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい』(1テモテ2:8)と命じたりしたのか?それに、もしもその場に男性たちが同席していなかったのなら、なぜパウロは12節で、〔これまたその場にいないはずの人々に対し〕『教えてはいけない』と女性たちに命じたりして、とんだ無駄骨を折っていたのか?」

 

といった疑問に答えるすべがない、という事に因すると思います。サムナーの主張は、根拠のない推論です。