読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

なぜ、教会や家庭内における男女の役割がそれほどまでに重要なのでしょうか?

 John Piper and Wayne Grudem, 50 Crucial Questions About Manhood and Womanhood | Desiring God, 2016

 

.なぜあなたがたは、教会や家庭内における、男女の役割をそれほどまでに重要視しているのですか?

 

回答:

私たちはただ単に、男女における行動的役割に対し、関心をもっているだけでなく、そこに内在する男性像(manhood)および女性像(womanhood)そのものの根本的本質についても考究しています。

 

聖書的真理およびこういった事柄に関する明瞭な理解というのは大切です。なぜなら、性的アイデンティティーに関する誤謬や混乱は、次のような誤りに私たちを導くからです。

 

1.キリストと教会の関係を映し出さないような結婚パターン(エペソ5:31-32)。

2.息子を男の子らしく、そして娘を女の子らしく育成していかないような子育て。

3.同性愛的傾向や、同性愛的関係を正当化していこうとするさらなる試み。

4.教会内における、非聖書的な「女性リーダーシップ」の諸パターン。これは、男性像および女性像の真の意味に覆いをかけ、混乱を増し加えるものです。

 

相補的な男性像および女性像という、神の賜物は、創造のはじめより、すばらしいものとみなされていました(創2:23)。

 

これは実際、本当に尊いものです。しかしながら、今日、この価値は軽視されており、現代社会の大部分において、消滅させられようとしています。こういった人間のセクシュアリティーこそ、神の民の聖さおよび世界の人々に対する救いの福音宣教のわざにおいて、神の望んでおられるいのちの根本要素であり、要であると私たちは信じています。

 

 Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth: An Analysis of Over 100 Disputed Questions (Sisters, OR: Multnomah, 2004; Wheaton, IL: Crossway, 2012); Wayne Grudem, Evangelical Feminism: A New Path to Liberalism? (Wheaton, IL: Crossway, 2006); and John Piper, What’s the Difference? Manhood and Womanhood Defined According to the Bible (Wheaton, IL: Crossway, 1990).を参照。