読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

そこに存在する神ーーレスボス島の難民キャンプにて

トルコ沿岸にあるレスボス島には現在、3つのキャンプに5000人以上の難民が収容されています。キャンプ内の状態を一言で表現するのは難しいですが、カオス(混沌)と欠乏、軍と警察によるものものしい治安維持体制、先行きの分からぬ不安、極寒、不穏、不満 、…

汝の御顔のかがやきを私に見せてください(エミー・カーマイケルの信仰詩)

山や木々や小川の上に立ちこめていた 冷たい霧が 突然消え、 かがやく夢のように すべてを照らし出す栄光が そこを通っていく。

人生の目的は何であるか(三谷隆正)

三谷隆正(1889-1944) 問題の所在 新約聖書マルコ伝10章17-28節 人生の目的は何であるか。 これはすべての人生問題中での最大問題であります。然しこの問題は、生きた人間の問題であって死者の問題ではありません。死んでいる者は生きて居りません。…

人間、そして人間のジレンマ(フランシス・シェーファー)

写真家カミール・コタルバの作品 ”Hide and Seek":デジタル時代の人間疎外(引用元) Francis A. Schaeffer, He Is There and He Is Not Silent, chap.2より抄訳 本章では哲学的思想の中の二番目の領域である、人間および人間のジレンマについて考察してい…

「神中心の神学」と「人間中心の神学」――ポストモダン思想の三大特徴(スティーブ・ゴールデン)

Steve Golden, Starting Points, The Influence of Postmodernism より一部抄訳 要約 ポストモダニズムの哲学は、次に挙げる三つの思想に基礎づけられています。①究極的真理は存在しない、②言語というのはコミュニケーションをする上でとりわけ効果的なもの…

「世からの分離」と「世人への愛」

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネ3:16a) 「世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。」(1ヨハネ2:15) 私たちの神…

「12使徒に特別な権威はありませんでした」というフェミニスト見解に対する応答。

Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth, chapter 5 12使徒の男性性(maleness)の重要性を弱体化させようという明らかな意図を持ち、ギルバート・ビレズィキアンは次のように書いています。 イエスはあえてイスカリオテのユダの代わる人…

クリスチャンは苦難や死に対しどのような態度をとるべきか?――殉教者キプリアヌスの手紙【天国をめざして】②

①からの続きです。 またわたしたちは自分の思いではなく神の御心を行なうべきです。これは主が私たちに日々祈るよう指示している「主の祈り」に沿ったものです。「あなたのみこころが成りますように」と祈りながら、いざ主が私たちをこの世からお呼びになる…

クリスチャンは苦難や死に対しどのような態度をとるべきか?――殉教者キプリアヌスの手紙【3世紀、カルタゴ】①

キプリアヌス(引用元) 訳者はしがき 3世紀の半ば、非常に激しい疫病が北アフリカ全地域を襲い――クリスチャン、異邦人の違いに関わらず――、何千何万という人命が失われていきました。ある地域では、死者の数が生存者のそれを上回るほどでした。地獄のよう…

天における恭謙な礼拝(イサク・ワッツの信仰詩)

【恭謙(きょうけん)】 [名・形動]慎み深く、へりくだること。また、そのさま。humble, deferential, self-effacing, respectful, submissive, modest, free from vanity, retiring, unassertive 御父よ、わが魂は、汝の住まう処を一目見たいと 切望し、…

ハインリッヒ・スソーの信仰詩【第二部 神との出会い】

申命記32:10 主は荒野で、獣のほえる荒地で彼を見つけ、これをいだき、世話をして、ご自分のひとみのように、これを守られた。 今、私は汝を見、汝を見い出しました。 なぜなら、汝がこの羊を探し求めてくださったからです。 私は逃げ出したのです。し…

ハインリッヒ・スソーの信仰詩【第一部 神を求めて:欣求(ごんぐ)】

イザヤ41:17 悩んでいる者や貧しい者が水を求めても水はなく、その舌は渇きで干からびるが、わたし、主は、彼らに答え、イスラエルの神は、彼らを見捨てない。 おお、いとやさしく慈愛に満ちた主よ、 わが心はあてどもなく彷徨い、独りきりです。 憔悴…

「すべてをフラット(平ら)にしていこう」という一連の潮流について

赤の広場を行進するボリシェヴィキ軍(引用元) 「階級のないユートピア社会を!」1917年のロシア革命勃発の翌年、ウクライナはドイツ軍の占領下に入りました。この時期、ウクライナにはドイツ系のメノナイト教徒、ルター教徒、カトリック教徒などが数多…

真理の実践――愛と聖さについて(フランシス・シェーファー)

ちなみに、われわれはこの時代の持つ、不可思議なる次の特徴に留意する必要がある。つまり、我々に許されている唯一の絶対は、「絶対など存在しない」という絶対的要求なのである。フランシス・シェーファー Francis A. Schaeffer, The Great Evangelical Di…

ポスト近代と新歴史主義、同性愛、そして聖書解釈【後篇】――真の同胞愛を祈り求めつつ

〔前篇〕〔中篇〕からの続きです。 結語 多くの人が自らのアジェンダでもって、キリストのことばを解釈しようとしています。新歴史主義が、公認された文芸評論として認められるよりはるか以前に、C・S・ルイスは、そのように「非適格な意味」による聖書解釈…

ポスト近代と新歴史主義、同性愛、そして聖書解釈【中篇】――権力者とは誰か?

前篇からの続きです。 The Influence of Postmodernism, Part 4: New Historicism | Answers in Genesis 権力者とは誰か? 新歴史主義者にとって、鍵となるのは「権力/権威 "authority"」です。しかしそれは、私たちが普通想像するような権力とは異なる場合…

ポスト近代と新歴史主義、同性愛、そして聖書解釈【前篇】――ミッシェル・フーコーの苦悩の人生

はしがきからの続きです。 answersingenesis.org 新歴史主義は、1980年代に勃興しましたが、この用語自体が、いくつかの諸理論(例:文化的唯物主義)をカバーする傘カテゴリーとなる傾向が往々にしてあります。新歴史主義も、文化的唯物主義も、ほぼ同…

イエスさまだけ(リジューのテレーズの信仰詩)

ある初心の姉妹のために おお、私の心はどんなにかあなたを祝福し、 あなたに対して抱いている やさしい思いを表現したいことでしょう! でも、いったいどの心が、私自身の心を理解してくれるのかしら? どの心が、いつも、そして最後まで変わらず私を愛して…

ポスト近代と新歴史主義、同性愛、そして聖書解釈 (はしがき)

まことに、あなたは大いなる方、奇しいわざを行なわれる方です。あなただけが神です。主よ。あなたの道を私に教えてください。詩篇86:10、11a 訳者はしがき 今、ポスト近代と新歴史主義(new historicism)というテーマの論稿を訳しています。これを…

真夜中の讃歌(ジョン・ウェスレーの信仰詩)

漆黒の夜が地一帯を影で包み、 深淵の懐をヴェールで覆い、 自然は、疲れた頭を傾け、 悲しみの眠りについている。 わが魂は今なお、より崇高な安息を求め、 救い主の御胸に抱かれんと切望している。 おお、恵みを運ぶ御使いたちよ、 来て、われを援けたまえ…

グレッグ・ボイド & N・T・ライト両氏の1テモテ2:12解釈について(+私たち姉妹の証し)

① グレッグ・ボイド氏の1テモテ2章の解釈について 「女が教えたり男を支配したりすることを許さない」という1テモテ2章に関してですが、二つの事を述べる必要があります。第一番目に、この指示の文脈が、この節が「文化的に条件付けられたものである」と…

「オープン神論 "Open Theism")」の教えの危険性について by ティム・チャーフィー

Tim Chaffey, The Dangers of Open Theism オープン神論(開放神論;Open theism)は、近年、エヴァンジェリカル界で人気度を博しつつある教えです。社会にもっと受け入れられるような神提示をしようという努力から、グレッグ・ボイド、クラーク・ピンノック…

福音宣教の働きが以前よりもやりにくい?―ポスト近代の挑戦(アルバート・モーラー)

米国テキサス州にある「Church of Uncertain」引用元 Albert Mohler, Ministry is Stranger Than it Used to Be: The Challenge of Postmodernismより抄訳 最近、牧会者たちが集まるたびに耳にするのが、「宣教の働きが以前よりもやりにくくなった」というこ…

ポストモダン神学の諸類型(ミラード・J・エリクソン)

ミラード・J・エリクソン著(宇田進〔監修〕/安黒務〔訳〕)『キリスト教神学 第1巻』より一部抜粋 純粋にポストモダン神学と見なされるものについて、〔デイヴィッド・レイ〕グリフィンは、以下のように指摘している。(David Ray Griffin, "Introductio…

知識と信仰(三谷隆正)

一 古代ギリシャの哲人が、「哲学は驚異に始まる」と言った。しかし驚異のうちに我を忘れて、恍惚として神羅万象を嘆美していたのでは、哲学は始まらない。それは詩の境地である。詩は我を忘れての嘆美である。 しかし哲学は我に帰っての省察でなければなら…

知り尽くしえない神(イサク・ワッツの信仰詩)

天空のかなた奥に、わが神は退いておられる。 わが憧憬の対象である主は ご自身の御顔を隠されている。

誰にでもわかるシンプルな聖書のみことばーーエヴァンジェリカル界に出現しつつある新種の祭司階級について

「聖書は永遠の神のことばであって、あらゆる時代に対して、常に新しい力をもって語り、救いのための知恵を人々に与えることのできるものである」と新改訳聖書は〈あとがき〉の所で記しています。 それゆえに、神の敵であるサタンは「よし、それなら、救いの…

私を汝の朗らかな登攀者としてください。(エミー・カーマイケルの信仰詩)

おお、いと高き神、 私を汝の朗らかな登攀者としてください。 私の登山スピリットは、厳峻さをも受け入れます。 主よ、下にあるものに私を沈め入れようとする 繊弱(ひわ)やかなものを 岩に、がれに、氷崖に、雪原野の上に 磔(はりつけ)にしてください。

滅びのあらしの過ぎ去るまでは(主の守りを求める祈り)

詩27:5 主が悩みの日に、、幕屋の奥にわたしを隠し、、 天のお父さま、外には、こわいものがたくさんあります。 御手をのばし、か弱い私たちを包み込んでください。 震えがとまらないとき、 恐怖で身がすくむとき、 あなたの御腕のなかで守られているこ…

人のさばきの座と、キリストのさばきの座――二つのbéma

旧コリント市街にあるアゴラ跡のbema 中央にBHMA (BEMA)という文字が刻まれています。この語はギリシャ語で、「高壇」、特に「裁判官の席(を設けた)壇」を意味します(織田)。昨日、旧コリント市街に行き、約2000年前に、使徒パウロが引き出された…

ポスト近代と福音主義フェミニズム(スティーブ・ゴールデン)

Steve Golden, Feminism, The Influence of Postmodernism, March, 2013より抄訳 福音主義フェミニズムと聖書的権威(Evangelical Feminism and Biblical Authority) このシリーズで取り扱ってきたその他のポストモダン思想と同様、フェミニスト理論もまた…

「神の義」と「人の義」――女性牧師問題に関しての個人的所感

ある人々は、女性牧師を認めないことは、周縁化(marginalized)され、疎んじられている弱者に対するある種の「差別行為」だと受け取っておられます。次のような声明文がそのことをよく表現しています。 「私たちは、イエス・キリストが差別されている人たち…

「新約記者は、夫と妻が互いに恭順し合うよう勧告しています(エペソ5:21)。ですから、夫にだけ特別なリーダーシップの役割というのは存在しないのです」という主張はどうでしょうか。【相互恭順説 反証③:hupotassoの意味について】

宗教改革期のファミリー・ライフ ②からの続きです。 Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth, chapter 6 回答5. この対等主義見解は、未だかつて実証されたことのない意味をギリシャ語に付与する事に依拠しています。 エペソ5:21「互…

「引きこもりのルター」と摂理史の必然

1522年に、マルティン・ルターがエラスムス版ギリシャ語新約聖書をドイツ語に翻訳したことは、キリスト教史における画期的大事件でした。それによってドイツの民衆が自国語の聖書を読めるようになっただけでなく、ルターの翻訳により、ドイツ語の標準形…

主人の御手(ハインリッヒ・スソー)

わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。(ピリピ1:21) 「わたしにとって、生きることはキリスト」。それなのに、 わが日々は、ただ労苦の連続。 朝起き、骨折りつつ道を歩き、そして再び床に横たわる。

「新約記者は、夫と妻が互いに恭順し合うよう勧告しています(エペソ5:21)。ですから、夫にだけ特別なリーダーシップの役割というのは存在しないのです」という主張はどうでしょうか。【対等主義「相互恭順説」反証】②

①からの続きです。 回答2. エペソ5:21に続く文脈において、パウロは自分がどういう意味合いにおいて「互いに従いなさい」と説いたのかを説明しています。つまり、妻は夫に、子どもは親に、そして奴隷は主人に従わなければならないということです。 エ…

「新約記者は、夫と妻が互いに恭順し合うよう勧告しています(エペソ5:21)。ですから、夫にだけ特別なリーダーシップの役割というのは存在しないのです」という主張はどうでしょうか。【対等主義「相互恭順説」反証】①

祈り 天地を創造され、歴史の主権者であられるおそるべき万軍の主、私たちの大いなる三位一体の神に賛美と誉れを帰します。今、取り扱っているこの重要なテーマをあなたの前に広げ、ただあなたの前に私たちの嘆きを注ぎ出します。これはあなたの属性、権威、…

旅路の終わりに

「しかし、主と交われば、一つ霊となるのです。」1コリント6:17 黄金の都の中で キリストと一つに結ばれる。 遠い過去。 主が下の深淵より、栄光の内を通過されたとき、 その時すでに、私は迎えられていた。

次なるステップ――「神、われわれの御母!」【福音主義教会の大惨事】

対等主義側の見解の一例 ポイント5.旧約聖書における女性 (1)神の女性的イメージ 神は食糧、水、衣服を用意するというような、ヘブル文化では女性によって担われていた働きをする者として描かれています。神はまた産みの苦しみを経験し、子供の世話をし…

神への恐れ(J・グレシャム・メイチェン)

J・グレシャム・メイチェン (1881-1937) Gresham Machen, The Fear of God(全訳) 「また、からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい。」(マタイ10:28) これはジョナサ…

「ローマ16:2の女性執事フィベは、『指導者』であり『支配者』であって、使徒パウロの上に立つ人でした」という主張はどうでしょうか。

ケンクレヤ(フィベの仕えていた教会はこの地域にありました。ギリシャ) フィーベはまた多くのプロスタティスの一人でした、、スィドゥラーは、その言葉は新約聖書の他のどの個所にもなく、他のギリシャ文学の中ではいつも支配者、指導者または保護者を意味…

リベラリズムの道を歩んでいない対等主義の牧会者のみなさまへの公開レター

(自ブログ「地の果てまで福音を」より再掲載) Wayne Grudem, An Open Letter to Egalitarians about Liberalism, June 12, 2013 私が本書(Evangelical Feminism: A New Path to Liberalism)の中で挙げている著者、神学校、出版社に関わっておられる方の…

「1テモテ2:12の『許しません』は現在形動詞であり、一時的な命令であることを示しています。よって、ここは『私は今この時・・許していないのです』と訳してしかるべきです」という主張はどうでしょうか。【キリスト教リベラリズムの脅威】

Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth, chapter 8 この対等主義見解は次のようになっています。 「ここでのパウロの命令は一時的なものであった。なぜなら、その当時、エペソでは何か普通でない状況が発生していた。おそらく、多くの女性…

1コリント11章「祈りのベール」問答②:髪の長さと、自然と、同性愛

①からの続きです。 Jeremy Gardiner, Are Appropriate Hair Lengths Dictated by Culture? Φύσις (Phusis)=自然 「自然」を定義する ある言葉を定義する際、その用語を使っている著者自身、その語について、なんらかの定義をしているのかを調べてみること…

1コリント11章「祈りのベール」問答①:適切な髪の長さは、「自然」ではなく、「文化」によって規定されるのでしょうか?

(自ブログ「地の果てまで福音を」からの再掲載) Jeremy Gardiner, Are Appropriate Hair Lengths Dictated by Culture? 反論:適切な髪の長さは、「自然(nature)」によって規定されるのではなく、「文化」によって規定されるのです。ネイティブ・アメリ…

「1テモテ2:12-15でパウロが創造に訴えているのは今日性を持ち得ません。なぜなら、創造に関する創世記の記述自体、文化的に相対的であり得るからです」という主張はどうでしょうか。

Wayne Grudem, Evangelical Feminism and Biblical Truth, chapter 8 これはウィリアム・ウェブによって提唱されている説です。彼は創世記1-2章の記述を取り上げた上で、次のような主旨のことを言っています。 「堕落前のアダムのリーダーシップに訴える…

祈りのベールーーその深さ、美しさ、そして喜び!

実際に食べてみなければ分からない味というのがあり、 行って見てみなければ分からない絶景というのがあり、 信じてみなければ分からない信仰の至福というのがあるように、 実践してみなければ分からない・・・・ それが祈りのベールであり、奥ゆきあるその…

「教会でのリーダーシップや家庭でのかしら性を力説するあなたがたの見解は、ルカ22:26で言われている僕なるキリストの模範と相反していませんか?」

Servant-leadership 日本ルーテル教団 北海道地区総会「女性教職についての分かち合い」より一部抜粋させていただきます。 世界中のキリスト教会で、女性教職を認めている教会がすでにあります。また実際に女性教職はいなくとも、女性教職に理解を示し、肯定…

キリスト教弁証の二つの目的(フランシス・A・シェーファー)

Francis A. Schaeffer, The God Who Is Thereより抄訳 キリスト教弁証には二つの目的がある。一つは擁護(defense)である。そして二番目は、それぞれ自分たちの置かれた世代が理解できる仕方でキリスト教のメッセージを伝えること(communicate Christianit…

主への畏れ(F・W・フェーバーの信仰詩)

汝に対する私の畏れは、おお主よ、わが血流を奔る いのちのように感喜しています。愛の神聖なる痛みの一つである、この畏敬。人生のさまざまな道程の中で、神の御目の下に、あるいはかしこみ、あるいは慄きはばかる甘美なこの畏敬の念のごとく、魂を喜ばすも…