巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

詩・祈り・エッセー

偉大なる神!汝はなんと無限なる方でしょう!(イサク・ワッツの信仰詩)

偉大なる神!汝はなんと無限なる方でしょう! そして私たちはなんと価値なき虫けらであることでしょう! おお、あらゆる被造物が額ずき 汝に賛美を捧げんことを。 汝の御座は、海や星々が造られるはるか以前に 永遠より据えられていました。 汝はとこしえに…

Κοινωνία(交わり)について

聖書のことばの世界は深く、広く、果てしなく拡がる海原のように思われます。「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた」(ヨハネ1:14a)。 私たちの神様はなぜ私たちに聖書をお与えになったのでしょうか。なぜ聖書はヘブル語やアラム語やギリシャ…

美しいフランスとそこに息づく美しい人々

Head Covering Movementで共に翻訳の働きをしているフランスのカロリーヌが家の近くの写真を撮って送ってくれました。 目の覚めるようなブルーと若緑。彼女は、フランスの片田舎に居を構えているのですが、なんとそこはGPSにも探知されないくらい鄙(ひな)…

巡礼者

好むと好まざるにかかわらず、人はさまざまな肩書や称号や名称を自分自身につけたり、他人につけられたりしながら生きています。みなさんにはどういう称号(title)がありますか? このブログのタイトルにもあるように、私は巡礼者(pilgrim)という称号をと…

奥まった森林を歩いていたら

親愛なる私の姉妹へ 奥まった森林を歩いていたら、上のような可憐な花をみつけました。 狭く、身動きのとれない場所にあなたはいます。 〈私には、移動の自由はありません。〉 細い根と、細い茎でやっと立っています。 〈だから乱暴な風さん、どうか私のとこ…

地と天(ピューリタンの祈り)

おお主よ、 かろうじて生き延びることができるほどの 小さな桶水にうごめく魚のように 私はこの地で生きています。 しかし天にあって、私は海洋で心ゆくまで泳ぐことでしょう。

愛と憎しみ(イサク・ワッツの信仰詩)

さあ今、わが神のご慈愛、 激しい主の苦悩、最期の呻き、 瀕死の血潮により、 私は、わが魂に命じる。 わが同胞の聖徒を愛せよと。 喧騒、怒り、戦いよ、去れ。 嫉妬と悪意よ、永遠に消えよ。 苦々しい言葉が 平和の子であるわれわれ同胞の間で もはや発せら…

おお、十全性に満ち満ちた神!(ピューリタンの祈り)

おお、十全性に満ち満ちた神。 汝はご自身の力強い御言葉により、 万物を創造され、保っておられます。 やみは汝の隠れ家であり、 汝は風の翼に乗って飛びかけられます。 あらゆる国々は汝の前では無に等しく、 一世代興っては、また次の世代へと移り変わり、…

あらゆる苦悩を喜びで和らげてくださる主を讃えます(ピューリタンの祈り)

偉大なるみいつの神、 私が享受しているあらゆる祝福、 望んでいるすべてのものの創始者であられる主よ。 汝は、私に次のことを教えてくださいました。 悪による現在の経験も、 昔犯した数々の罪の記憶も、 友からの戒めも、 御霊の力の働きにより 汝がご恩…

川の慰め――エミー・カーマイケルの信仰詩

時が時を数えつつ、二年という歳月が過ぎ、 人生の流れを共にした人が、 すべてを変える海の方へ 彼女の祖国へと急ぎながら 去っていった。 彼女は今も、私にとっての彼女自身でいてくれるのかしら? それは可能? 私の兄弟、私はあなたにとって、以前のまま…

春の芳香

かうかうと欅(けやき)芽ぶけり風の中 石田波郷 早朝、雨戸を開けると、薄暗くまだ少し肌寒い空気とともに、春の芽の芳香が舞い込んできて、部屋中をいっぱいに満たしました。 春を満身に感じます。平安時代の女流文人であった清少納言は、はっとした気づき…

主イエスよ、私は盲目です。汝が私の光となってください。(ピューリタンの祈り)

主イエスよ、 私は盲目です。汝が私の光となってください。 私は無知です。汝が私の知恵となってください。 私はかたくなです。汝が私の知性となってください。 汝の御霊の声をすばやく聞き取ることができるよう 私の耳を開いてください。 そして手招きして…

懐疑は消散し、霊的喜びが再び戻ってくる(イサク・ワッツの信仰詩)

悲しみよ、わが魂から立ち去れ、 そして喜びの内に我をうち置け。 わが舌は主の中で勝利し、 歓喜の声を挙げよう。 暗闇と懐疑がわが心を覆い、 わが頭は涙の中で溺死せんばかりだった。 しかしその時、至高の恵みが輝く光線と共に わが陰鬱な恐怖を追い出し…

女性とミニストリー

In my eyes, women are not flowers of the field, but rather, flowers of a secret garden, meant to be kept and cherished, not ogled by every passer-by; as it says in the Song of Songs: "You are a garden locked up, my sister, my bride; you ar…

私は自分が生涯の「修正」主義者であることを恥じない。

「これは往々に起こる事ですが――ある極端を離脱した人々が、その対極にあるもう一つの極端によって提示されるオールターナティブ(代替)を採用したという事情があると思われます。」 冒頭の引用文は、19世紀後半から20世紀初めにかけてアメリカでダービ…

信仰の船出――カール・ヒルティの信仰詩

ついにこの世をあとに! この世の盃(さかずき)はこなごなに砕かれました。 岸をはなれた小舟のなかから 遠い岸辺が、薄明かりの中に見えます。 路なき海原に囲まれ、 これからは、ただ希望のみがわが財産です。

被造物への愛着心

被造物への愛着心はなんと強力なものでしょうか。それは時に大波のように激しく心を揺さぶり、かき乱し、本来、主だけで占められるべき奥の部屋に抗い得ないような力で押し入ろうとしてきます。

神はわれわれの人知を超えた仕方で動かれる。(ウィリアム・クーパーの信仰詩)

神はわれわれの人知を超えた仕方で動かれ、 ご自身のみわざを成し遂げられる。 主はご自身の足跡を海の中に植え、 嵐の上を進まれる。 計り知れない鉱床の深淵にて、 けっして誤ることなき巧腕にて、 主はご自身の輝かしいご企図を護持され、 至上の聖意(so…

それでも歌鳥はうたう。(エミー・カーマイケルの信仰詩)

主よ、汝のしもべは、家になにも持っていません。 共用のオイル一杯でさえも。 なぜなら、冷酷で強硬な〈あの人〉が、 ――人が「苦痛」と呼ぶ、武装した〈あの人〉が、 繰り返し、繰り返し、私のまずしい家を襲い、 荒らし回るからです。

スニオン岬にて――愛する同胞の救いを祈りつつ

昨日、ある難民の家族を連れ、夕日を見に、スニオン岬という所に行きました。この岬には海神ポセイドンを祀る神殿があり、観光スポットの一つにもなっています。 海を見ながら、難民のお母さんも二人の幼い子どもたちも、自分たちがボートで漂流した時どんな…

自己凝視ではなく、キリストを見上げたい。

「自己を1回凝視する間に、キリストを10回見上げなさい。」ロバート・マクチェーン 民数記21:8,9 すると、主はモーセに仰せられた。「あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの上につけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば、生きる。」 モーセ…

キリストの愛の力(イサク・ワッツの信仰詩)

雅歌8:5-7、13、14 荒野から上って来る、 このひと――この苦悶のひとはだれでしょう? 悲しみと罪に押しつぶされ、 愛する主の胸に寄りかかっているひとは。 そうです。彼女はわれらが神、キリストの血潮によって 買い取られた花嫁です。 そして彼女…

奉仕の働きの中で気落ちした時に――ピューリタンの祈り

変ることのないヤーウェなる神よ。 奉仕の働きの中で気落ちする時、 そして自分自身についてさえ疑心暗鬼に囚われてしまう時、 汝の永遠なる選びという岩の上に私を堅く立ててください。 そうすれば、わが両手は下がることなく、 自分に対しても、周りの人々…

エルサレムに向かって(エミー・カーマイケルの信仰詩)

おお御父よ、助けてください。 愛する人々に心とらわれ、 私たちの貧弱な愛が、自らの選び取ったこの人生を 拒んでしまうことのないように。 そして、彼らを失ってしまうことや 痛みへの恐れから 永遠の報いを 忘れてしまうことのないように。

摂理の暗闇(イサク・ワッツの信仰詩)

主よ、私たちは汝の壮大な御企図を慕っています。 摂理の薄暗い深淵を。 それはあまりに深く、死すべき詩では音を奏で得ず、 あまりに杳(よう)として、脆弱な感覚では見ることのできないものです。

そこに存在する神ーーレスボス島の難民キャンプにて

トルコ沿岸にあるレスボス島には現在、3つのキャンプに5000人以上の難民が収容されています。キャンプ内の状態を一言で表現するのは難しいですが、カオス(混沌)と欠乏、軍と警察によるものものしい治安維持体制、先行きの分からぬ不安、極寒、不穏、不満 、…

汝の御顔のかがやきを私に見せてください(エミー・カーマイケルの信仰詩)

山や木々や小川の上に立ちこめていた 冷たい霧が 突然消え、 かがやく夢のように すべてを照らし出す栄光が そこを通っていく。

「世からの分離」と「世人への愛」

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネ3:16a) 「世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。」(1ヨハネ2:15) 私たちの神…

天における恭謙な礼拝(イサク・ワッツの信仰詩)

【恭謙(きょうけん)】 [名・形動]慎み深く、へりくだること。また、そのさま。humble, deferential, self-effacing, respectful, submissive, modest, free from vanity, retiring, unassertive 御父よ、わが魂は、汝の住まう処を一目見たいと 切望し、…

ハインリッヒ・スソーの信仰詩【第二部 神との出会い】

申命記32:10 主は荒野で、獣のほえる荒地で彼を見つけ、これをいだき、世話をして、ご自分のひとみのように、これを守られた。 今、私は汝を見、汝を見い出しました。 なぜなら、汝がこの羊を探し求めてくださったからです。 私は逃げ出したのです。し…