読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

異教文化を「聖別」?――フラダンスを用いたキリスト礼拝のあり方をご一緒に考えてみましょう。【ゴスペルフラ/文化と宣教/イマージング運動検証】

先日の記事の中で、ある姉妹が、教会の主日礼拝で催されるゴスペルフラダンスのあり方に良心のつまずきを覚え、苦悶しておられる旨をみなさんに共有しました。 その後も私は、「元々異教女神に捧げられていたフラダンスをキリスト教礼拝の中に取り入れる」と…

地上における礼拝――永遠なる聖徒の任務の序曲(A・P・ギブス)

礼拝は、「すべてのことにおいて、あなたが絶対的に第一の方であります」と神に正当な場所を与えるものです。また礼拝は、神に、その本質とみ業とのゆえに当然ささげまつるべき賛美とほまれと栄光をささげるものです。 「人間のおもな、最高の目的は、神の栄…

礼拝の基礎へ戻ろう!――規制原理(Regulative Principle)がもたらす自由と曇りのない良心

執筆者:ケビン・デヤング(Kevin DeYoung) 私は改革派教会で育ったのですが、他の多くのクリスチャンと同様、聖書学校に入るまで、「規制原理(Regulative Principle, 以下RP)」という言葉を一度も聞いたことがありませんでした。それは私のアイデンティ…

宗教改革の土台――礼拝における規制原理(Regulative Principle of Worship)について

礼拝の中における信仰の良心を守るべく、山中での集会を余儀なくされた英国の非国教徒たち。17世紀。(引用元) Greg Price, Foundation for Reformation: The Regulative Principle of Worshipより抄訳 キリスト教会は、これまで何百年に渡り、礼拝に関す…

キリスト教礼拝のあり方はそもそも誰が、何を基準に決めるのでしょうか。――私の探求

Puritan Worship(引用元) キリスト教礼拝のあり方はそもそも誰が決めるのでしょうか。神(ロゴス)でしょうか、それとも、人間でしょうか。そして何を基準にそれらは決定・是認・導入、あるいは拒絶されるのでしょうか。また、導入されたものが、信者の良…

「CCM賛美に問題があるのなら、ワーシップの部類は全てNGなのでしょうか?」というご質問を受けて。――礼拝賛美についての一考察

先日の記事に関し、親愛なる姉妹の方から、次のような真摯なご質問を受けました。 「私の母教会もワーシップによる賛美のみを歌っていたので、私は讃美歌を全く知らないのです。ワーシップは全て駄目なのでしょうか?ワーシップの部類は全てNGだと思われま…

敬拝―聖なる時間を「見えるもの」にする歌と祈り

主に向かい 私たちと共に頌歌をささげる聖徒の群れ。 この世のものではない存在、この世のものではない讃美が われわれの魂を はるか彼方へと 運んでいく