巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

敬拝の中の詩篇:巡礼者の歌・祈り・喜び・嘆き

詩篇歌のベーシックな旋律(tune)を覚え、複雑な時代に、シンプルに神とつながりましょう!

家の中にいる時だけでなく、コンパクトな詩篇歌一冊を手に携え、公園や海辺、山の頂で神のことばを歌い、神に賛美を捧げるひとときは、信仰者にとってなんという喜び、そしてやすらぎでしょうか。 情報コメンテーターのニコラス・カー氏が2011年に出版し…

主よ、あなたの恵みは天にあり、あなたの真実は雲にまで及びます。

神のことばが私たちの内で祈りとなり、御霊によって湧き出でる賛美となりますように。聖徒の魂と口から告白される神の偉大さと栄光が、全世界を満たしますように!

讃歌の紅葉とハーモニー

ある日の早朝、何か特別礼拝があったのでしょう、近くの正教会から典礼音楽が流れてきていました。窓辺でぼんやりその旋律を聞いていると、ちょうどそこに知り合いのアメリカ人宣教師が通りかかりました。"Hey, what do you think of that song?"と正教会の…

なぜ私が詩篇歌を愛するようになっていったのかーーミッシェル・ラフェブレ牧師の証し

目次 なぜ私が詩篇歌を愛するようになっていったのか 訳者の小さなメモ ミッシェル・ラフェブレ(米国インディアナ州 Christ Church Reformed Presbyterian of Brownsburg 牧師)

宗教改革の霊性ーー礼拝賛美について(by ジャン・カルヴァン、1543年)

目次 二種類の祈り(Two Kinds of Prayers) 歌うことを通した表現(Expression Through Singing) 音楽の重要性(Importance of Music) 音楽の力(Power of Music) なぜ詩篇を選ぶのか(Why the Choice of the Psalms) 理解を伴った賛美行為の必要性(Si…

たましいの恒久的「心療内科」としての詩篇歌と敬拝

目次 詩篇歌を愛した先人たちの声 詩篇歌を味わう 詩篇138篇1-5節(英語による詩篇歌) 詩篇51篇7-13節(英語による詩篇歌) 詩篇28篇6-9節(英語による詩篇歌) 詩篇62篇(ゲール語による詩篇歌) ジュネーブ詩篇歌1篇のメロディー(1…

私がクリスチャンの教理論争史を愛しんでいる理由――Exclusive Psalmody Debateの事例から【キリスト礼拝の本質を考える】

私は、クリスチャンの教理論争史にとても興味があり、それらの文献を読むのが好きです。そして今日はみなさんに、私がなぜExclusive Psalmody Debate(礼拝時に詩篇歌だけを歌うべきか否かの論争)を愛しているのか、その理由をお分かち合いしたいと思います…

巡礼者たちの魂の休息地―詩篇104篇を黙想し、歌う。

詩篇104:1-2、24、31、33 1 わがたましいよ。主をほめたたえよ。わが神、主よ。あなたはまことに偉大な方。あなたは尊厳と威光を身にまとっておられます。 2 あなたは光を衣のように着、天を、幕のように広げておられます。 24 主よ。あなたの…

弟子たちと共に詩篇118篇を歌われた主イエス(R・ハリス)

R. Harris, The Lord Jesus sings Psalm 118 with His disciples, Puritanboard マタイ26:30、マルコ14:26、詩篇118 弟子たちとの最後の晩餐の席で、主イエスは美しい説話をなさいましたが、それがヨハネの福音書の13章から17章にかけて記…

進むべき道が分からなくなり、行き迷う巡礼者のせつなる祈りー詩篇25篇の黙想と祈りと歌

「主よ。私のたましいは、あなたを仰いでいます。 あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。 私に御顔を向け、私をあわれんでください。私はただひとりで、悩んでいます。私の心の苦…

スコットランド詩篇歌71篇14-19節を歌い、黙想する。

(下をクリックすると歌を聴くことができます。) Ps 71 v 14-19 Stracathro by Niallags | Niall Maclennan | Free Listening on SoundCloud The Scottish Metrical Psalter (1650) Psalm 71:14-19 14 But I with expectation will hope continually; And ye…

マルティン・ルターと詩篇

静寂な調べに合わせ、人間の心にやさしさと力強さをもって流れ込んでくる詩篇歌(Psalmody)は、天の都をめざす巡礼者の「旅の歌」としてまことにふさわしいものだと思います。 マルティン・ルターは、1528年に、「詩篇への序言」を記していますが、それ…

1650年版 詩篇歌へのピューリタン序文(Puritan Preface to the 1650 Psalter)〔英文〕

Psalms of David in Metre Puritan Preface to the 1650 Psalter The following appeared as a preface to an edition of the Scottish Psalter (“The Psalms of David in meeter”) printed by Thomas Parkhurst in London in 1673 (also in 1688 and 1700, …

夜明けに目ざめ、神を想い、詩篇を歌う――詩篇歌が私たちの魂にもたらす深遠なる働きについて(ウィリアム・ロー)〔1729年;英文〕

William Law, Serious Call to a Devout and Holy Life (1729) CHAPTER XV Of chanting, or singing of psalms in our private devotions. Of the excellency and benefit of this kind of devotion. Of the great effects it hath upon our hearts. Of the …

宗教改革の霊性と詩篇歌――ジャン・カルヴァンと詩篇の驚異(John Calvin on the Wonder of the Psalms by アングス・スチュワート)+『詩篇歌への序言』(1543年)〔英文〕

The Wonder of the Psalms(詩篇の驚異) ーby Angus Stewart Prologue(はじめに) The Psalms and Prayer(詩篇と祈り) The Psalms and Worship(詩篇と礼拝) Preface to the Psalter - by John Calvin(ジャン・カルヴァン著『詩篇歌への序言』) Prolo…