巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

典礼(Liturgy)

ローマ典礼の真髄ーーグレゴリオ聖歌(♪ Deum verum)の驚くべき深さ、高さ、美しさ、普遍、そして永遠性

グレゴリオ聖歌を歌う修道士たち 出典

フランシスコ教皇のために「道を備えた」人物ーーカルロ・マルティーニ枢機卿の思想と神学について(by ジュリア・メローニ記者)【グローバル性革命とザンクト・ガレン・マフィア】

入念な「地ならし」出典 (執筆:ジュリア・メローニ記者)拙訳

典礼という無尽蔵の源泉から生み出される聖性ーーハッケボルンの聖メヒティルト

ハッケボルンの聖メヒティルト(ドイツ名:Mechthild von Hackeborn, 1240/41年-1298/1299年 )ザクセンのベネディクト会修道女。学問、知性、人文的書物に関する知識、すばらしく優しい声をもつ彼女は「神の小夜鳴鳥(ナイチンゲール)」と呼ばれていました…

世界の創造主、永遠の王、われらを憐れみたまえ!(Graduel d' Alienor de Bretagne - ♪ Orbis factor、14世紀)

栄光の内にあるキリスト

ミサの「犠牲的性質」と「アド・オリエンテム(Ad Orientem)」の間の深く密接な関係を知り感動!

典礼の一つ一つに込められた意味。 プロテスタント時代から私は、「なぜステージに立つ私たち賛美チームは十字架の方向を向かないで会衆の方を向いているのだろう?プレイズ&ワーシップの空間がコンサートやショーにならないためにも、本来なら奉仕者も含め…

見よ、真夜中に花婿がやって来る。(♪ Се Жених грядет в полунощи)

だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないからです。マタイ25章13節 Γρηγορεῖτε οὖν, ὅτι οὐκ οἴδατε τὴν ἡμέραν οὐδὲ τὴν ὥραν. Μαθ.25.13

ミサの至高性と美について(聖アルフォンソ・マリア・デ・リグオーリ)

道化師ミサ(A Mass with clowns at Salzburg's Cathedral)

ユーカリストの本質ーーミサの犠牲的性質に対するプロテスタント諸反論について(by ローレンス・フェインゴールド、ケンリック・グレンノン神学校)【その5】

目次 ④「ミサの犠牲はカルバリーから私たちの注意を逸らす」という反論について 回答1ーー御父は私たちの参与(participation)を望んでおられる 代償(substitution)と、参与(participation)それぞれの見方について 回答2ーー人間の状況 回答3ーー「…

典礼本来の美、沈黙、そして深遠さについて(アリス・フォン・ヒルデブラント)

出典 The Value of the Traditional Mass by Alice von Hildebrand # 1, 2, 3(抄訳) 伝統的ミサに対する一つの反論として次のようなものがあります。「伝統的ミサでは、人々は受動的であり、祭壇で行なわれている聖なる行事に参加していない」と。 それに…

サンクトゥス。聖徒たちの歓喜!ーーゴシック詠唱(Sanctorum Exultatio)の聖空間

出典 この後、私は、天に大群衆の大きい声のようなものが、こう言うのを聞いた。「ハレルヤ。救い、栄光、力は、われらの神のもの。」ヨハネの黙示録19章1節

受肉された慈悲深き主、光の光。ーー古ローマ詠唱(Incarnatum quoque, pie Domine;AD6世紀)再訪

ローマにあるビザンティン・モザイク画(Basilica of Santa Prassede in Rome)出典 光よりの光、まことの神よりのまことの神。 Φως εκ Φωτός, Θεόν αληθινόν εκ Θεού αληθινού. Lumen de Lumine, Deum verum de Deo vero. ニケア・コンスタンチノープル信条…

Kyrie Eleison(主よ、あわれみたまえ)ーーゴシック詠唱の霊性から流れ出る魂の祈り

レンブラント・ファン・レイン作『放蕩息子の帰還*』1666-68年 エルミタージュ美術館 Kyrie Eleison(主よ、あわれみたまえ。) 0:00 ~ 1:55 Χριστέ Eλέησον (Hriste Eleison;キリストよ、あわれみたまえ。) 1:56 ~ 3:41 Kyrie Eleison (主よ、あわれみ…

喜べ、喜べ! インマヌエルがあなたのために生まれ給うた、イスラエルよ。(♪ Gaude! Gaude! Emmanuel, Nascetur pro te, Israel!)

出典 text: 9世紀のラテン語聖歌tune: 13世紀のフランス民謡、Zoltán Kodály (1882-1967) による編曲

キリストの栄光あるからだとしての教会と宇宙(by オリヴィエ・クレマン、パリ聖セルギイ正教神学院)

終末論的な舟を象徴する聖堂の中央(中堂)は、ドームでおおわれている。このドームは、新たな創造、キリストによって創造主と結び付いた宇宙をあらわしている。(出典) 目次 著者について キリストの栄光あるからだーー真の再創造 正教会の宇宙論 神のエネ…

宇宙的典礼と人生の意味ーー東方教父聖マクシモスが遺した霊的遺産(7世紀)

「聖書のもつ謎やシンボルの意味は、神のことば(Λόγος)が受肉したという神秘のうちに全て含まれている。そればかりではない。知覚しうる限りの、可視的/不可視的被造物に隠されている意味も、この受肉という神秘のうちに含まれている。十字架や墓の神秘を…

ミレニアル世代のカトリックは「典礼戦争」ではなく荘厳さを求めている。(by メアリー・レイザック)

Mary Rezac, Young Catholics want reverence, not liturgy wars, 2017 カトリックも含め、現在、多くの人々がミレニアル世代のことを知りたがっています。ーーそう、かの悪名高きミレニアル世代を。(そして私もそこに属しています。) 先週、同じネブラス…

「今日、我々が通らされている教会の危機は、主として、リトルジーの崩壊にその端を発していると私は確信している。」(by ヨーゼフ・ラッツィンガー)

リトルジーの崩壊(出典) 目次 ポピュラー音楽からの挑戦 礼拝ダンス Joseph Ratzinger, The Spirit of the Liturgy, 2000.(抄訳)

ユーカリストの本質ーーミサの犠牲的性質に対するプロテスタント諸反論について(by ローレンス・フェインゴールド、ケンリック・グレンノン神学校)【その4】

ミサの「何が」変わったのだろうか?そして何が不変なのだろうか?(出典) ある論者たちが指摘しているように、この変化の背後には、「ミサの犠牲的性質」に対する認識の薄まり、及び、犠牲を否定するプロテスタント見解への「譲歩(or 妥協?)」があるの…

礼拝の沈黙(ヨハネ・パウロ二世使徒的書簡「東方の光」より)

出典 ヨハネ・パウロ二世使徒的書簡「東方の光」より抜粋(引用元) 礼拝の沈黙 それにもかかわらずこの神秘は、人が神の代わりに偶像を作るのを回避するために、絶えず覆い隠され静寂に覆われています。

創造主への讃歌ーー詩篇LXX103篇を歌う。

出典 「火には焔があり、神を讃えている。 風はその焔を燃え上がらせ、神を讃えている。

剥がされた神秘ーーなぜカトリック女性のベール不着用により「パンドラの箱」が開かれてしまうのかについて

「キリストの実在ーー。それゆえに私たちはベールを被ります。」カトリック・サイトVeils by Lilyより 目次 はじめに シンボル観 祈りのベールを実践し始め、自分の内に起された変化 対等主義から相補主義への移行 バプテスマやユーカリストにおける「シンボ…

典礼の中に現前される永遠なるキリストーー古ローマ詠唱詩篇 LXX109篇(Dixit Dominus Domino meo)再訪

出典 汝に向かい、海原は荘厳な栄光をささげ、汝の御前にあって、深淵は黙し動かない。 V.N.ウトレネフ神父

典礼の聖と永遠ーー古ローマ詠唱(inveni David servum meum)再訪

出典 「『歌』と『ことば』の尊い結びつきが教会の祈りです。『神の民』と『神のことば』の交わりです。歌は聖なる時間を『見えるもの』とします、、礼拝の一つ一つが『絶えざる祈り』の永遠の動きへの歩みです。」セルゲイ・グラゴレフ神父

カスィアの讃歌

出典

典礼ーー「神の王国」の体験(by オリヴィエ・クレマン、パリ聖セルギイ正教神学院)

出典 目次 著者について 典礼ーー「神の王国」の体験 イコン イコンのキリスト論的な意味 永遠の像 聖堂の装飾とその象徴的意味 「心のうちの修道生活」

私の辿ってきた道ーージョセフ・ジョンソン師の信仰行程

目次 バプテスト信者の家庭に生まれる カリスマ派の教会へ移る 深みに漕ぎ出すーーユダヤ的キリスト教との出会い 魂の暗夜ーーブルトマン、ティリッヒ、バルトへ 再び深みへ漕ぎ出すーー宗教改革そして改革派信仰へ キリスト教学校の教師として 長老教会の牧…

主人を「出迎える」ーー生活の中のリトルジーと韻律

出典 カルヴァン大学哲学科のジェームズ・K・A・スミス教授は、私たちが生来的にリトルジカルで典礼的存在であると言い、次のように述べています。

ダニエル書「三人の若者の賛歌」を祈り歌う。

大地は、主を賛美し代々にたたえあがめよ。 山と丘よ、主を賛美し、代々にたたえあがめよ。 地に生える草木よ、主を賛美し代々にたたえあがめよ。ダニエル書補遺74-76(写真) 目次 アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌について 「三人の若者の賛歌」をコ…

『典礼憲章』の「行動的参加」の神学について(by レジモン・ヴァルギース、南山大学)

第二バチカン公会議 典礼憲章/神の啓示に関する教義憲章(第2バチカン公会議文書公式約改訂特別委員会〔監修, 翻訳〕) 目次 はじめに 1.第 2 バチカン公会議以前の聖なる典礼の実践と「行動的参加」の萌芽 1.1.第 2 バチカン公会議以前の教会の典礼…

キリスト教東西の共通遺産そして霊的宝庫ーーThe Divine Liturgy of St. John Chrysostom(by Cappella Romana)

対立や競合ではなく相補(complementary)。私たちは互いを必要としている。(写真) 目次 The Divine Liturgy of St. John Chrysostomの訳語について 本ブログの方針と祈り Cappella Romana - Divine Liturgy of the Orthodox Church in English in Byzanti…