巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

ニカイア公会議以後の教会

ビザンツ正教思想における新プラトン主義(袴田玲氏、日本学術振興会特別研究員)

聖マクシモス(Μάξιμος ο Ομολογητής, 580-662)のイコン(出典) 目次 序 神化とヘシュカスム パラマスにおける神化とプロティノスにおける合一

プラトン主義的伝統と抜本的に対立しているキリスト教信仰の三要素(by ハンス・ボースマ、リージェント・カレッジ)

Fra Angelico, Last Judgement, Paradise, c. 1431, Museo di San Marco, Florence(出典) 目次 対立する3つの要素 要素① 創造(creation)に関する理解の違い 要素② 物質(matter)に対する考え方の違い 要素③ 神的なるものに対する理解の違い 福音主義者…

東方キリスト教世界で激しさを増しつつある〈アンチ西洋メンタリティー〉とそのレトリックについて(by デイビッド・B・ハート、東方正教会)

Embryo Parson, For Evangelicals and Others Considering Eastern Orthodoxy(抄訳) 改宗した私が直面したのは、西洋的なものに対する正教徒の方々の敵対心でした。「信仰の母胎である西洋神学的枠組みの中のなにかを、改宗後も保持できたら。。」と願って…

転向すべきか留まるべきか?ーー私が東方正教会に接近しながらも結局「越境」には至らなかった理由【あるプロテスタント教会牧師の葛藤と内的相剋の記録】

「〈堅実〉という名の頑迷/錯誤があり、そうかと思えば〈柔軟〉という名の迎合/狡猾もある。この世界で信仰者として生きるっていろいろむずかしいね。」 「うん。そうだね。ボクたちどうしたらいいんだろね。」(出典) 目次 ある著書との出会い 正教の信…

クリスチャンの礼拝と祈りはなんと奥が深いことでしょう!

出典 「われわれは、そこが天国なのか地上なのか分からなかった、、、ただ一つ確かなのはそこにおいて神が人間たちの間に宿っておられるということだ。」キリスト教会の典礼の様子を目撃したウラジミール使節の証言 目次 毎日が学びと発見 ビザンティンの奉…

全時代、全世界の聖徒たちと共に、「主の祈り」の広さ、長さ、高さ、深さを味わおう。

ロシア人修道士の歌うアラム語での「主の祈り」 Aboon Dbashmayo (Our Father who art in Heaven, 天にいます私たちの父よ)

正教ファンダメンタリズムについて(by ジョージ・E・デマコプーロス、フォーダム大学歴史神学 正教研究所長)

ジョージ・E・デマコプーロス教授、フォーダム大学歴史神学 George E. Demacopoulos, Orthodox Fundamentalism(拙訳) 正教キリスト教の礎石の一つは、偉大なる教会教父たちに対する崇敬にあります。教父たちは聖潔さの模範であっただけでなく、彼らが生き…

朝の讃歌ーーミラノの聖アンブロシウス(340-397)

出典 目次 朝の讃歌(聖アンブロシウス) 聖アンブロシウスについて ♪ テ・デウム(我ら神なる汝を讃えん)

福音主義クリスチャンが教父文書に親しみ研究する際に留意すべき事(by ハンス・ボースマ、リージェント・カレッジ、教父学)

目次 福音主義者たちの間にみられる目覚ましい進展 注意点その1 注意点その2

中東の小さな〈窓〉から見えるもう一つの世界ーー列強大国の狭間を生き延びてきたアルメニア人クリスチャンの豊かな遺産

アルメニアの教会ーーアララト山を背景に。出典 目次 アルメニア人クリスチャン? 世界最古の教会の一つ 「単性論者」という悲しきレッテル 私はばい菌のような「異端者」なの? 「異端的な」十字架 離れても、いつかきっと再会するーー何千年の分離の後に互…

Ιωάννης ο Χρυσόστομος の訳語「聖金口イオアン」について少しだけ感想を述べさせてくださいね♡

聖ヨハネス・クリュソストモス(St. John Chrysostom)にはいろいろな訳語があります。 ーヨハネ・クリュソストモス ーヨハネス・クリソストムス そして日本正教会は、この人名を、聖金口イオアン(せいきんこうイオアン)と訳しています。

聖ヨハネス・クリュソストモスについて(『ベイカー福音主義神学事典』)

教父ヨハネス・クリュソストモスーー。正教会、東方諸教会、カトリック教会、聖公会、ルーテル教会で、聖人として崇敬されています。(出典) ヨハネス・クリュソストモス(347-407) Walter A. Elwell, ed., Evangelical Dictionary of Theology, Se…

なぜ解釈学を学ぶのか?(アンソニー・C・ティーセルトン、ノッティンガム大)

Anthony C. Thiselton, Hermeneutics: An Introduction, chapter 1, sec.1. Toward a Definition of Hermeneutics(拙訳) 解釈学は、私たちがいかにテキストを読み(特に自分たちとは時間や生活の文脈を隔てたところで書かれたテキストを取り扱う際)、理解…

黙示録2章のニコライ派に関し一般に信じられている〈神話〉についてーー「語根にかかわる誤謬(root fallacy)」の事例

ニコライ派ーーキリスト教内における権力とコントロール(ヘブル的ルーツ運動に関与するMidrash Monthlyのサイトより)Nicolaitan | Midrash Monthly 目次 はじめに 初代教会の証言 現代の実例 結語 〔一次資料〕ニコライ派に関する古代および中世文献 〔補…

過度の単純化/還元主義/誤前提から生み出される解釈的弊害を避けるために②ーー神学と哲学との関係についての諸類型(ミラード・エリクソン『キリスト教神学』)

「ヘブライ的思考 vs ギリシャ的思考」(トーラー遵守を強調する「ヘブル的ルーツ運動」団体The Way Biblical Fellowshipの教え) 目次 神学と哲学との関係についての諸類型(ミラード・エリクソン) 神学と哲学の間には全く関係がないとする立場 哲学は神学…

聖書的liturgyの意味と霊性の回復を求めてーー公的礼拝における詩篇賛美(瀧浦 滋師の論文紹介)

はじめに 冒頭の記事でも指摘されているように、近年、比較的若い世代の「伝統(教会)回帰」が目立ってきているそうです。コンテンポラリーな礼拝環境の中で飢え渇きを覚え、彼らは自分たちの古のルーツや伝統を求め旅を始めています。

アンティオケ学派の神学について(『ベイカー福音主義神学事典』他)

アンティオケ学派とアレクサンドリア学派(情報源) 目次 序 イグナティオス テオフィロス サモサタのパウロ ルキアノス ヨハネス・クリソストムス タルソの長老ディオドルス テオドロス キュロスのテオドレトス ネストリウス まとめ 〔補足資料〕ジョン・メ…

教父クリュソストモスの祈りーー神の御言葉を読む前、もしくは敬聴する前に

ヨハネス・クリュソストモス( Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος,344年または349年ー407年) Prayer of Saint John Chrysostom, Before Reading or Listening to the Word of God(拙訳) おお主イエス・キリスト、わが心の目を開いてください。そうすれば、…