巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

現代バアル預言者たちの巣窟の中で孤高に叫ぶ神の人——アタナシウス・シュナイダー司教の信仰と勇気

ヴァチカン、アマゾン・シノドスでの異教儀式(出典)

女性叙階および同性婚祝福に関するカリストス・ウェア府主教の不穏な言明について(by ヨアンネス・アピアリウス神父)【正教フェミニズム問題】

カリストス・ウェア府主教(正教会) Fr. Ioannes Apiarius, Met. Kallistos Ware on the Ordination of Women and Blessing of Same-Sex Marriages, 2018.(拙訳)

なぜ彼女は「越境」しなければならなかったのか?【新刊書のお知らせ】

「『国境』地帯には、興味深い人間たちが数多く生息しています。そして時に私たちは、リスクを冒してでも『越境』しようとする旅人を目にすることがあります。あるいは『越境』しようとする彼に背後から、『越境しちゃ絶対あかんぞ!』と警告する朋友たちを…

ひだまりの随想

出典 先日、お友だちが、バスルームにいた大きなクモをクモ掴みでつかまえ、きゃっきゃ乙女らしい笑い声をたてながら庭にかけこみ、クモを外に放ってあげるシーンを撮ったショートビデオを送ってくれました。明るく愛らしい彼女の内面の世界がきらきら輝き日…

おおキリスト、わが神。汝の降誕は世界に智慧の光を照らします。【降誕祭のトロパリ・小讃詞、教会スラブ語】

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。ヨハネの福音書1章5節

親鳥からのエサをひたすら待ち望む小鳥として

出典 ぽきんと折れ、断絶してしまっていたかのようにみえたのに、力なき私の枝は尚も木につながっていることを知りました。それは連続性のうちに生きていたのです。「わたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません」(ヨハネ6章37節b)。

あの角を曲がった先に

出典 あの角を曲がった先に、 友がいたら、と思う。 緑に輝く森を、丘を 友とそぞろ歩きたい。 たくさんの分断壁にはばまれ、 久しく互いがみえなかった。 でも柔らかな木漏れ日は、 別たれることなき天上から 今日も等しく私たちを照らしている。 道が曲が…

用語のひとり歩きに注意しようーー誤用・乱用されがちなニューマンの「キリスト教教義の発展」というコンセプトについて

発展(development)とは? かつて誰かによって提唱された言葉が、時代を経るにつれて、作者の元来の意図や限定的文脈を超え、さまざまに解釈されつつ、「言葉のひとり歩き」を始める事例は歴史上、後を絶たないと思います。

至福者の苦しみ(ライサ・マリタンの回想録より)

「イエス・キリストに仕えることを表明しつつ、内心では自分自身を崇めている者達よ、震え慄きなさい。神はお前達をその敵に委ねようとされているからです。諸々の聖なる場所は腐敗の内にあり、多くの修道院は最早神の家ではなく、悪魔の王とその仲間達の牧…

非被造的な汝の朝明けの中で、汝を想い、待ち望む。

フォンゴムボー聖堂(出典) すべてが与えられ、苦悩は去った。 そして死も。 わが魂のなんと軽やかなこと。

伝統と暗黙(Tradition and Tacit)ーーアンドリュー・ラウス、ダラム大学

神秘、伝統、、わがたましひは黙してただ神をまつ。(出典) 目次 はじめに アンドリュー・ラウス著「伝統と暗黙」 「伝統」を巡るカトリックとプロテスタントの論争 交わり(fellowship; κοινωνία) 典礼(liturgy) 発話を超える事実ーーthe inarticulate…

神への切望

出典 ああイエスよ、永遠の栄光の輝き、巡礼者の魂の慰め主よ、あなたの御前にわたしの舌は語らず、わたしの沈黙があなたに語るのです。どうか主の貧しいしもべの所に来てこれを喜ばせてください。み手をのべてあわれな者をすべての苦悩から救ってください。…

東西を結ぶ古の架け橋ーー美しいアンブロジオ聖歌の世界

イタリア、ミラノにあるサンタンブロージョ聖堂(Basilica di Sant'Ambrogio)。献堂は386年。(写真)

私たちに語りかけてくる伝統とは何か?

目次 「ガダマーの解釈学についてーーディルタイとの連続性と相違性ーー 」を読んで ディルタイ 「解釈学的循環」 「客観的精神」 歴史的な存在としての人間 先行判断 私たちに語りかけてくる伝統 地平の融合 開かれた態度で過去のテクストとの思索的対話を…

「折衷的」越境は可能かな?ーー国境地帯での友との対話。【カトリック、正教、プロテスタント】

目次 正教会の結婚と避妊の教え 宣教の働きにおける福音主義について 「折衷的」であることをめぐって 理論と現実のギャップと不調和 「教会」を信じるか、あるいは懐疑主義か 過激派弁証家たちのレトリックに翻弄されないために 正教改宗の可能性と折衷性

すべての国々よ、主をほめたたえよ。詩篇117篇詠唱【アラビア語、ヘブライ語、ギリシャ語、ゲール語】

ハープを奏でるダビデ王(出典) 目次 アラビア語詩篇117篇詠唱 ヘブライ語詩篇117篇詠唱 コイネー・ギリシャ語詩篇117篇(LXX116)朗読 ゲール語詩篇117&150篇詠唱

ルシオス川のほとりで

小川のほとりに腰を下ろし、清冽で澄み切った水の流れをじっと見つめていました。その時、なぜだか分かりませんが、底流に流れる無限な詞の流れと、そこから汲み出され紡がれる俳句の世界に思いがおよびました。

主よ、よるべない幼子たちの命を守り、この子たち一人一人を憐れんでください。

出典 昨日、公立の子供病院の病棟で4才になるアフガン難民の男の子と話をしました。母親はすでに父親とこの子の元を去ってどこかに消え、病院にこの子を連れてきた父親も4-5日前に姿を消してしまったとのことでした。つまり、この子は捨て子になったので…

賛成するにしても反対するにしても相手の見解をできるだけ正確に理解する努力が必要だと思う。

これからもよろしくネ。(出典) 「なぜプロテスタント教会が必要なのか?(対ローマ・カトリック教会)」という記事を読ませていただきました。筆者の方はプロテスタント教会の教職者でいらっしゃいます。

ああ、翼にのり、深遠な御言葉の高みに昇ることができたならーー「主の祈り」の黙想(ニュッサの聖グレゴリウス、4世紀)

聖ソフィア大聖堂のイコン(出典) Πάτερ ἡμῶν ὁ ἐν τοῖς οὐρανοῖς· ἁγιασθήτω τὸ ὄνομά σου· ἐλθέτω ἡ βασιλεία σου· γενηθήτω τὸ θέλημά σου, ὡς ἐν οὐρανῷ καὶ ἐπὶ τῆς γῆς·(マタイの福音書6章9-10節)

おお、照らされた眼でこのいのちをひたすら見つめよ。ーーケルビムの歌【ビザンティン詠唱】

出典 今や天の軍勢がわれらと共におり、 永遠(とわ)に泉が現出している。 おお、照らされた眼でこのいのちをひたすら見つめよ。 いのちの深奥がなんと明瞭に顕されていることだろう! ーV・ウトレネフ

静寂と沈黙のうちにあること

出典 マルコ1:35 さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 寂しい所(εις ερημον τοπον): -人の住んでいない、人里離れた、荒涼たる、荒野、孤独な -a solitary place, an isolated place, a secluded…

神の天的な礼拝にのぞむ(by グレッグ・ゴードン)【初代教会の霊性と慣習】

フラ・アンジェリコ画(出典) 目次 神の天的な礼拝にのぞむ 両手をかかげ、天を仰ぎ祈る 初代教会の典礼の様子 「アーメン」という言葉の重要性と意味について 被り物を着け、礼拝にのぞむ 日々、キリストの死を告げ知らせる 神の聖なる人々 聖体拝領、バプ…

砂漠の教父およびキリスト教史の中にみる共同体(by グレッグ・ゴードン)

聖アントニウス(251-356)出典 Greg Gordon, The Desert Fathers and Communities In Church History(拙訳) 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、主なるあなたの神を愛せよ。ルカ10:27 紀元303年、初代教会に対する、…

預言者(A・S・プーシキンの信仰詩)

霊的な渇きにうめきつつ 陰気な砂漠を 横切っていた。

神の主権と伝統諸教会の「暴力・戦争」の歴史をめぐってーー保守メノナイト派ディーン・テーラー師とのディスカッション

出典 保守メノナイト/フッタライトのディーン・テーラー師一家が昨日、アテネに来られ、良い交わりとディスカッションの時を持つことができました。

詩篇歌と世界の癒しーーアトス山シモノペトラ修道院エミリアノス掌院の献身から生み出された永遠の実

出典 今年の5月9日に、アトス山シモノペトラ修道院のエミリアノス掌院(archimandrite)が永眠されました。

アフガンの琴音に夢をのせて

出典 目次 主よ、私たちをイエスの愛を運ぶ清い器にしてください。 イエス、美しい救い主(♪عیسی منجی زیبا)ーーアフガン人の信仰詩と賛美

トロイの木馬ーーアングリカン・コミュニオンの女性司祭制は、「女性助祭」導入から始まった。(by ドロシー・マクリーン記者)

『トロイアの木馬の行進』、ジョヴァンニ・ドメニコ・ティエポロ画(出典) 目次 「アングリカン女性助祭」の登場 英国及びスコットランドにおける「トロイの木馬」

苦しんでいる魂へ(フランソワ・フェヌロン大司教の書簡)

フランソワ・フェヌロン大司教(François de Salignac de La Mothe-Fénelon dit Fénelon、1651 - 1715)出典 Francois de Salignac de La Mothe Fenelon, Let Go(抄訳) 親愛なる姉妹。現在通らされているあなたの苦しみについて、私がどれほど同情している…