巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

愛しい主人の帰りを待ちわびつつ一人過ごす時間にーーアン・ブラッドストリートの信仰詩【17世紀ニューイングランド】

Related image

アン・ブラッドストリート(1612-1672)。英国の裕福な清教徒家庭に生まれる。サイモン・ブラッドストリート氏と結婚した後、船で新大陸へ。それまでの比較的快適な生活から一転して厳しい荒野での生活が始まる。食糧難や病気、8人の子の子育て、家計のやりくり等さまざまな試練を通される中で、信仰の刷新を経験。彼女の信仰詩には、新しく見い出した信仰、家庭人としてのさまざまな日々の葛藤のことが素朴にのびやかに綴られている。

 

目次

  • 小さな翻訳後記
続きを読む

自然 and 恩寵/自然 or 恩寵(by ケヴィン・ヴァン・フーザー、トリニティー神学校)

Image result for under a big tree nature

出典

 

目次

  • 自然 and 恩寵/自然 or 恩寵
  • 中世スコラ学:恩寵は自然を完成する(制度的調停)
  • 「純粋自然」:恩寵なしの自然

 

続きを読む

恩寵により、はたして自然理性によって得られるよりも高度の神認識が得られるのだろうか?ーートマス・アクィナスの探求②【啓示神学の認識論的基礎づけの意味】

Thomas-Aquinas-600x391

出典

「私の神よ、私があなたを忘れても、あなたは私を忘れないでください。私があなたを見捨てても、あなたは私を見捨てないでください。私があなたから離れても、あなたは私から離れないでください。

私が逃げだしても呼びもどし、反抗しても引き寄せ、倒れても起きあがらせてください。

私の神、主よ、お願いいたします。いかなるむなしい考えによっても
あなたから遠ざかることのない目覚めた心を。

いかなるよこしまな意向によってもゆがめられることのないまっすぐな心を。
いかなる逆境にもめげず勇敢に立ち向かう強い心を。
いかなる卑しい情欲によっても打ち負かされることのない自由な心を
主よ、私にお授けください。

主よ、お願いいたします。
あなたを求める意志を、あなたを見いだす希望を、信仰をもってあなたを待ち望む堅忍を、
そして、ついにあなたを所有できる確信を、主よ、この私にお与えください。」トマス・アクィナスの祈り(出典

 

目次

  • 〔問い〕恩寵により、自然理性によって得られるよりも高度の神認識が得られるか?
    • この項のあらまし(山田昌)
    • 本文

 

続きを読む

現世においてわれわれは神を、自然理性によって認識することができるのだろうか?ーー トマス・アクィナスの探求①【自然神学の可能性と限界と意味】

Related image

彼(トマス)は大柄で、よろよろして、無口で、すこしぼんやりした人であった。ケルン大学の同級生たちが彼のことを、「だんまり牛」だと言ってからかったとき、師のアルベルトゥスは、「いつかはこの牛の啼声が全世界に満ちるだろう」と言った。(E・ケァンズ、『基督教全史』p.318)

 

目次

  • 〔問い〕われわれは神を現世において自然理性によって認識することができるか?
    • この項のあらまし(山田昌)
    • 本文

 

続きを読む

自然と恩寵ーーフランシス・シェーファーの「アクィナス観」とR・C・スプロールの「アクィナス観」、どちらがより妥当なのかな?

Image result for thomas aquinas

 

目次

  • はじめに
  • フランシス・シェーファーの見解
  • アクィナスによる「自然ー恩寵」の区別

 

続きを読む

根無し草


上は、ロシア正教会の奉神礼/典礼のビデオなのですが、これを観ていただくと、信徒たちで構成された聖歌隊が歌っています。エヴァンジェリカル教会の賛美チームの配置(通常、ステージ前方)とは違い、ロシア正教会の信徒聖歌隊は、会堂二階の後方におり、会衆からは完全に見えない位置で合唱しているのがとても印象的でした。

続きを読む

私が女性司祭であることを辞めた理由ーー元聖公会司祭アリス・C・リンスリー女史の証し

出典

 

目次

  •  私が女性司祭であることを辞めた理由
  • "Priestesses in the Church?" by C. S. Lewis

 

続きを読む

教会は宗教改革を「悔い改める」べきか、それとも「回復させる」べきか?ーープロテスタント界の解釈学的アナーキーとその解決に向けての省察②(by ケヴィン・ヴァン・フーザー、トリニティー神学校)

f:id:Kinuko:20180408195855p:plain

1519年にライプツィヒで行なわれた公開ディベート。マルティン・ルター vs ヨハン・エック

 

目次

  • 「キリスト教の危険思想」(アリスター・マクグラス)
  • 私たちの宗教改革の父たちの(故意によるものではなかった)悪行を悔い改める??
  • 批判1)宗教改革は世俗化を生み出した。(ブラッド・グレゴリー)
  • 批判2)宗教改革は懐疑主義を生み出した。(リチャード・ポプキン)
  • 批判3)宗教改革は分派分裂を生み出した。(ハンス・ボースマ、ピーター・ライトハート)

 

Kevin, J. Vanhoozer, Biblical Authority After Babel, Retrieving the Solas in the Spirit of Mere Protestant Christianity, 2016.

その①からの続き。

 

続きを読む

〈彼ら〉は私たちにとっての "誰" でしょうか。

「今日、自分は原理主義の反対者だと言えば、社会において広範な賛助を得るだろう。」

ヴェルナー・フート『原理主義ーー確かさへの逃避』、p.42.

 

目次

  • 私たちは〈彼ら〉のような原理主義者たちとは違う!?
  • スケープゴート探し
  • おわりに

 

続きを読む

教会は宗教改革を「悔い改める」べきか、それとも「回復させる」べきか?ーープロテスタント界の解釈学的アナーキーとその解決に向けての省察①(by ケヴィン・ヴァン・フーザー、トリニティー神学校)

Cover Art

 

目次

  • 「建設的プロテスタンティズム」
  • 関連資料
    • ①プロテスタント側からの弁明
    • ②カトリック側からの挑戦と問題提起

 

続きを読む