巡礼者の小道(Pursuing Veritas)

聖書の真理を愛し、歌い、どこまでも探求の旅をつづけたい。

予型論について(『ベイカー福音主義神学事典』他)

目次

  • 予型論について(『ベイカー福音主義神学事典』)
    • 予型/予型論について(Type, Typology)
    • 解釈的重要性
    • 現在の論争
    • 〔参考文献〕
  • 予型論について(『ティーセルトンのキリスト教神学事典』)
  • 〔比較研究のための資料〕オリゲネスのローマ書解釈ーオリゲネスの寓喩的解釈との関係をめぐって(伊藤明生師、東京基督教大学)
    • オリゲネスとアレクサンドリア学派  
    • オリゲネスの寓喩的解釈(1)『諸原理について』聖書の「体」と「魂」と「霊」
    • オリゲネスの寓喩的解釈(2)聖書の「魂」と「霊」の具体例  
    • オリゲネスのローマ書解釈(1)はじめに  
    • オリゲネスのローマ書解釈(2)ユダヤ人と異邦人を仲裁するパウロ  
    • オリゲネスのローマ書解釈(3)異端を意識して  
    • オリゲネスのローマ書解釈(4)オリゲネスの信仰義認論  
    • 結論:寓喩的解釈の意義  
    • [参考文献]

 

続きを読む

昼も夜も主のおしえを黙想することについて(詩篇1:2)byトーマス・ワトソン

Image result for bees and flowers

 

詩篇1篇2節

まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ(*思い巡らす)。〔新改訳〕

כִּ֤י אִ֥ם בְּתֹורַ֥ת יְהוָ֗ה חֶ֫פְצֹ֥ו וּֽבְתֹורָתֹ֥ו יֶהְגֶּ֗ה יֹומָ֥ם וָלָֽיְלָה׃

ἀλλ’ ἢ ἐν τῷ νόμῳ κυρίου τὸ θέλημα αὐτοῦ καὶ ἐν τῷ νόμῳ αὐτοῦ μελετήσει ἡμέρας καὶ νυκτός. [LXX] 

But his delight is in the law of the LORD; and in his law doth he meditate day and night.〔欽定訳〕

続きを読む

主よ、無知から来る「大胆さ」を人はどうすればいいのでしょうか?【自己反省と嘆きと祈り】

David's Punishment, by Julius Schnoor von Carolsfeld

  • 反省文
  • 嘆願の祈り
  • ピューリタンの祈り
  • 詩篇88篇 悲しみの吐露と歌

 

続きを読む

「この聖書テキストには果して『意味』があるのだろうか?」ーーケヴィン・ヴァン・フーザーの著書レビュー(by ヴェルン・ポイスレス、ウェストミンスター神学大)

 

Vern Poythress, Review of Kevin Vanhoozer’s Is There A Meaning In This Text? in Westminster Theological Journal 61/1 (1999) 125-28. (拙訳)

続きを読む

眠り、目覚める時(信仰詩)

Related image

イザヤ26:19

あなたの死人は生き返り、私のなきがらはよみがえります。さめよ、喜び歌え。ちりに住む者よ。あなたの露は光の露。地は死者の霊を生き返らせます。

 

われわれは眠りについた。

ーー死の眠り、夢の死。

過ぎゆく喜び、いつまでも去らない悲哀。

干からびた魂は、

僻遠たる小川のせせらぎに焦がれ呻いていた。

続きを読む

人間の忠実さ、脆さ、そして神の憐れみ。

 Image result for bird green leaf raindrop

あなたの真実は代々に至ります。詩篇119:90a

 

「○○説/○○主義を握りしめている人は、そうすることで自分自身を守っているのだと思います。」とある方がコメントしてくださいました。

 

自分自身を守っている、、、うーん、私はどうなんだろう。自己防衛の手段として○○説/○○主義を握りしめているという側面があるのかな?そしてもしそれがあるのだとしたら、その原因は何だろう、、そんなことに想いを巡らせていました。

続きを読む

聖書に取り組む際、私たちは自らの持つ「諸前提」をどうすればいいのか?(by D・A・カーソン、トリニティー神学大)

Related image

目次

  • 前提的および歴史的誤謬
  • 新解釈(New Hermeneutic)の影響
  • 距離化(distanciation)の必要性
  • まとめ

 

続きを読む

詩篇1篇を愛した教父たちーー黙想と歌

Image result for cambridge university botanic garden

4世紀の教父アタナシオスは詩篇を植物園の多様性にたとえました。

 

目次

  • 詩篇1篇を愛した教父たち
  • 詩篇1篇ーヘブライ語による吟唱
  • 詩篇1篇ーコイネー・ギリシャ語による吟唱
  • 詩篇1篇ー英語による歌唱

 

続きを読む

「知ることは可能か?」キリスト教認識論ーー21世紀の激戦地

目次

  • エスター・ミーク著『Longing to Know』の書評(by ジョン・M・フレーム、フロリダ州改革派神学校)
  • エスター・ミーク著『Longing to Know』の書評(by D・A・カーソン、トリニティー神学校)
続きを読む

認識論の必要性ーーマイケル・ポランニーについて(by フランシス・シェーファー)

f:id:Kinuko:20161205164301p:plain

フランシス・A・シェーファー(1912 –1984)

 

Francis A. Schaeffer, He is there and He is not silent in Trilogy (Wheaton, 1990), chap.3. The Epistemological Necessity: The Problem, 311-313(抄訳)

 

さて、我々はまた、「階下」にある実証主義に注意を向けなければならない。この哲学はかつて合理主義的な人間にとっての偉大なる希望であったが、今や次第に息絶えつつある。

続きを読む